MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ

第1章 モノの幸齢整理 1.現状を認識しないと始まらない

|2013.06.10|50歳からの整理整頓

(1.)整理整頓では片づかない

「整理整頓しなさい!」とは小さい頃から言われてきた言葉です。
しかし整理整頓とは、整理と整頓の合体した言葉です。言葉が違えば意味が異なるはずです。
整理収納という言葉もあります。
では、整理、整頓、収納、どう違うのでしょうか?

 

こう真正面から問われると、意外とすんなりとは答えづらいものです。

では、こう言われたらどうでしょうか。

3つの順番はどういう順番でしょうか?

 

 

一番初めは?・・・・・・たぶん「整理」と答える方がほとんどだと思います。
では2番目は?
今まで延2000人もの方にセミナーでお聞きしてきましたが、たいがい整頓と収納の2手に分かれます。
ここが問題なのです。
順番が分からずに片づけても、また元の散らかった状態に戻ってしまうからです。
大事なのは順番を間違えない事。
では2番目は?

 

収納になります。
整頓とは、決まった物を決まった所に戻すことを整頓と言います。
ですから、学校で整理整頓をしましょう!というのは正しいのです。
学校に持って行くものは決まっており、けっしてオモチャになるようなものは持って行ってはいけないことになっています。
また置き場所も全て決まっており、上履き置き場、ランドセル置き場、体操着掛けと、その場所に戻せばいい。
ゴミさえ取り除けば片づくというシステムになっているのです。
保育園や幼稚園にお子さんやお孫さんをお迎えにいらした方はお判りかと思いますが、帰宅時間近くになると先生が「ではお片づけをしましょう!」と子供たちに声掛けをしています。
子供は「ハ~イ!」と言って、勝手にオモチャをそれぞれのオモチャ置き場に戻しています。
先生は手を貸していません。それでも床に一つも落ちていない状態になります。

子供の目線に合わせた置き場所にし、どのオモチャがどこに帰るかが明確になっていて、子供が片づけられる量にされていれば返せるのです。
つまり3歳の子供でも、子供が認識できる状態にすれば片づけられるということです。
にもかかわらず家庭では母親たちが「うちの子は片づけないから困る。」と言っているのです。
これは親の問題と思わないでください。
なぜなら、じいじ、ばあばの関与がかなりの確率であるからです。

なぜ家庭でできないのかというと、まずは数が多すぎる。
お孫さんにしょっちゅうお土産といって、玩具を買い与えていませんか?
ハンバーガーショップ等で売られている、オモチャ付食事セットを購入してはいないでしょうか。
子どもは食べ物よりもオモチャ欲しさに、お店に行こうと誘います。
それを許しているのは、あなたです。
オモチャは、その時は遊ぶけれど、翌日には床に放置されています。

 

物を大切にしなさいと言われて育った幸齢世代が、孫に物を大切にしないことを教えていいものでしょうか。
なんでも買い与えるというのは、自分のエゴでしかありません。
そのお孫さんの将来は、あなたと同じ幸齢期になった時に、また同じように物を捨てられないということで悩まなくてはならないのでしょうか。
すでに家庭を持った子供世代は、あなたと同じ悩みに直面していないでしょうか。

脈脈と同じ悩みを受け継ぐ必要はありません。
それを断ち切るのは、あなたからでもいいはずです。
それで家族が幸せになることができるのですから。
どうして幸せになるのかは、この先をお読みいただければ分かっていただけると確信しています。

話を戻します。
整理整頓で片づかないというのは、元に戻す場所が決まっているかどうかという収納が関係しているからです。
ここが抜けるといつも片づけているのに片づかないというジレンマに陥ります。
でもその前に、もっと大切なことがあります。
それは次回に。

お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ