MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ
  • HOME
  • >
  • タグ : 老前整理

高齢者の幸齢整理 片づけは「もったいない人生」の整理

 

私たちは、幸せになるために生まれてきました。

モノに埋もれて、モノに支配されるような生き方をするために生まれてきたわけではないはずです。

幸せに歳を重ねるための整理、幸齢整理をしませんか?

 

 

1.長寿社会

長寿世界一は、ジャンヌ・カルマンさん 122歳と164日(逝去)です。

人間の限界寿命は120歳前後である」と考えられています。そこには、細胞分裂の回数が関係するようです。

細胞は分裂のたびに少しずつ短くなっていき、分裂不可能な長さになるので、その限界が大体50回程度の120歳前後となるそうです。

 

医療が発達した先進国では、高齢化が進んでいます。高齢社会は高齢化率14%を超えた社会、超高齢社会となると21%超を指します。日本はすでに26%に達し、高齢化の速度が飛びぬけて早いので、超高齢社会に突入する心と環境の準備が整っていない状態です。それは、高齢者本人だけでなく、周りの家族や社会を含め、生き方やこれからの暮らし方などの未来を模索している状態です。

平成26年版高齢社会白書抜粋)

 

2.もったいないの意味を変える

人が暮らしていくには、モノは欠かせないアイテムとなります。

どれだけ少ない量で暮らせるかを実験した人もいましたが、今までの習慣を変えるには、頭の切り替えが不可欠になります。

海外で、日本人が持っている量を見て、「ありえない」と言っている声を聞くたびに、日本の急激な高度成長の陰を見る思いがします。

 

寿命が世界の中でも急激に伸び、超高齢社会となった日本。年金制度も、現状に追いついていない状態です。ヨーロッパも長寿社会に移行しつつありますが、その速度は日本より緩やかで、対策を講じる時間があったと考えられます。だからこそ、日本が世界からどのように超高齢社会を乗り切るかに注目が集まっています。(健康長寿ネットより)

 

その中で社会問題になりつつあるのが、モノの多さです。

2018年、100歳を超える方が69,785人(前年比+2,014人)。ついこの前まで5万人台だったことを考えると、急激な伸びと言えます。

人生50年であった時代から見れば、倍の人生を楽しめるわけですが、生活という行為は、モノを使うという行為の連続です。

織田信長の時代と同じ時間と生活をしていれば、さほどモノも増えないかもしれません。

しかし、便利な世の中になった今、電化製品も増え続け、介護にもロボットが進出。

遠い親戚より近くの他人ならぬ近くのロボットになる日も近いのでしょう。

 

 なぜモノを捨てられないのか?

 

「もったいない」という言葉に集約されます。

戦後まもなく一般に広まった言葉のようですが、その当時は「モノがないから、大切に使おう」という意味で「もったいない」でした。

今では南アフリカでも「もったいない」で通じます。しかし、現代はどうでしょう。

バブル期を超え、モノ余りの時代です。

必要なモノは手にしているはずです。

 

 

確かに、モノがあれば幸せという時代がありました。

三種の神器と言われたテレビ・冷蔵庫・洗濯機。持っていない家庭を探す方が難しい時代です。

そんな現代では、「もったいない」の意味を変えなくてはなりません。

『使わないのがもったいない。』

 

 

ご高齢の方にとって、今までの価値観を変えるのは容易ではありません。「まだ使える」「どこかで使える」

使おうと思えば、モノは使えます。プラスチックなら黄色くなりますが、使おうと思えば使えます。

しかし、それを使おうと思うかどうかは、あなた次第です。使うのであれば、そのモノは活きます。使わなければ、死んだも同然。

モノは使ってこそ、活きるのです。

 

 

3.幸齢整理Ⓡ

幸せに歳を重ねるための幸齢整理。

モノがない時代と、物余りの時代。どちらも経験した世代が、幸齢世代です。

わずか数十年の間に、モノの価値基準が変わってしまったのです。

昔1ドル360円だった時代から、今は115円前後。価値が3分の1になったわけです。

高度世長期に懸命に働いてきた幸齢世代からすれば、買った時の価値は360円。

資源の少ない日本は、海外から輸入しなければ生活が成り立たないような状況において、モノが「高かった」という想いも、捨てられない気持ちに拍車を掛けています。

しかし、どこかで「モノが沢山あっても幸せではない?」という想いも持ち合わせています。

なぜなら、こころの幸せと、モノの多さは比例しないからです。

 

4.環境を変えると、こころも変わる

部屋がスッキリするということは

心がスッキリするということにつながります。

 

これからの人生を、どのように自分らしく生きることができるのか?

考えることができるようになります。

 

部屋のスペースは、頭の中のスペースにつながっています。

頭に空き容量が増えれば、こころにも余裕ができます。

頭の中が、部屋の状況そのものだからです。

つまり、人生の再スタートを切るのに最適なのが、高齢者の片づけなのです。

 

ただ捨てるだけでは、幸せになりません。

これからの人生、あなたにとって大切なものだけにしていくことが大切なのです。

「もったいない、もったいない」と手放せずにモノに埋もれている人生こそ、「もったいない」。

モノを整理して、自分らしくいれる趣味や生きがいに生きる人生を送ってもいのではないでしょうか。

命の時計は止まりません。もったいない人生に終止符を打ちませんか?

 

意識が変わってくると、小さな幸せが見えてきます。

その小さな幸せの積み重ねが、人生の大きな幸せへと変わっていくのです。

 

感謝と喜びを習慣にしている人ほど、幸せを実感しています。

 

不平不満を言いながら終わる人生と

感謝と喜びの言葉に変えていく 生き方

どちらを選びますか?

 

選ぶのはあなたです。

 

今日もあなたが幸せでありますように。

 

生前整理(幸齢整理)セミナー 新宿サロン9月開催

 

前回好評だった、生前整理セミナー。

再度のご依頼を受けて、自分らしく生きていくための暮らしについて、お話します。

 

 

藤岡は、幸齢整理と呼んでいます。

生前に整理しましょうというのは、どうも気が向かない。

「死」を意識するのは、多くの方が嫌がります。

自分の親も、身近な人たちが亡くなっていく年代のため、特に避けたい言葉のようです。

 

 

だからこそ、

幸せに齢を重ねるための整理として

幸齢整理

と呼びたいと思っています。

 

 

65歳からは、高齢者と呼ばれます。

しかし、今のご年配は、皆さん元気いっぱいです。

前回のセミナーでも、遠くから聞きに来てくださいました。

これって、元気でないと、そもそも来れないのです。

 

 

元気なうちに、自分にとって大切なモノを見極めるということは、

とても重要なことです。

自分がわからなくて、子供に分かるわけがないのです。

 

 

今回はモノの整理のお話をしますが、

お金の整理もしておきたいものです。

 

 

ファイナンシャルプランナーとして、

また相続アドバイザー、終活アドバイザーとしても

エンディングノートは書いておいて欲しいと思っています。

 

 

こちらも10月12日13日に、交流フェスタが新宿で開催されます。

こちらに、NPO法人らしさのブースがでますので

ぜひお寄りください。

もしかしたら、セミナーも藤岡が担当するかもしれません。

 

 

一人でも多くの方に、ご自分を大切にしていただきたいと願っています。

 

ネットラジオ『幸せ片づけハッピーセラピー』を、日々更新中です。

スマホの方は、無料アプリhimalayaをダウンロードしてください。

検索で、藤岡聖子で探してくださいね。

一押し!で出ています。

終の棲家と一人暮らし

終活の漢字変換で、しばらく前は就活しか出てきませんでしたが
最近はちゃんと出てきます。PCも記憶が定着してきたようで。(笑)

 

さて、終活で気になるところはどこでしょうか?

 

人によって異なると思いますが、
多くのモノでうずもれてしまうような生活をしている方は、モノ。

 

不動産オーナーのアンケート調査で、
高齢者の入居を控えているという実態が明らかになってきました。

(国土交通省PDFより)

 

家賃が払えるかどうか?の不安が一番多いのですが、
2番目が、『住居の使用方法に対する不安』です。
明らかにゴミ屋敷化を恐れているのではと感じます。

 

自宅を購入するか、賃貸で住むか。
ここは分かれるところですが、生涯支出は同じとも言われています。
転勤族で、いろいろな住宅に住んだことがありますが、
いろんなところに住めるのは、失敗したと思ったら引っ越せるという強みもあります。
ご近所の人間関係で困った時にも、引っ越せばいいのですね。

 

我が家は、3歳の子供の足音がうるさいと、階下の住民から言われて引っ越したことがあります。
しかし、高齢になってから住む家が無くなるのは痛いですね。

 

これも、ゴミ屋敷化しやすい独居老人の影響があるのでしょう。
その方が亡くなっても、親戚が引き取り拒否をすることもしばしばあるようで、
大家さんにとっては、頭の痛い問題のようです。

 

一人暮らしでも、きちんと後始末ができるように、親戚に頼んでおくとか、
第三者(司法書士やファイナンシャルプランナーなど)と契約をしておくことが望まれます。

 

終活を考えるには、エンディングノートを使うと考えやすいですね。
高齢者支援をしているNPO法人ら・し・さがだしている

ら・し・さノートは、ワンコインで変えるエンディングノートです。

ファイナンシャルプランナーが作ったノートなので、
必要なことのみを記載できるわかりやすいものです。

一度書いてみてはいかがでしょうか。

大磯町・神奈川県連携 男女共同参画講演会

神奈川県との共催で、大磯町の男女共同参画講演会にお呼びいただきました。

161210大磯町

タイトル:「家庭をパワースポットに!モノとこころと時間の整理術」

 

なぜモノを捨てられないのでしょうか?

そこには、育ってきた価値観の違いがあります。

ここを気が付かずに、子供が親に「捨てようよ!」といっても意味がありません。

 

そこは、理論的にお話ししています。

気が付いていただいた方は、自分を改革していくことができます。

お部屋も変わっていきます。

こころは、モノと密接に関わっているからです。

 

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

 

 

ご感想をいただきました。

・心が満足すると処分ができると言われ、なるほどと思った。まずは自分の物から整理する。

・部屋の状態は、その人の頭・心の状態という言葉にあらためてそう思いました。家の中がぐちゃぐちゃで、仕事から戻った時にイライラします。家族のせいにせず、まず自分から片付けたり整理収納し、過ごしやすい家庭にしたいと思いました。

・わかりやすかったです。

・具体的な方法が学べてよかった。

・内容が豊富で参考になりました。

・とてもためになりました。夫婦円満のきっかけもわかりました。

・スピード感のあるお話だった。考え方を切り替えることも大切だと思いました。

・とても分かりやすく楽しいお話でした。すぐに実行できることが多く、やってみようと思います。

・実際のお客様宅のお話が多く分かりやすかったです。

・とても分かりやすい内容で、できることからさっそく始められそうだと感じました。家族関係が良好になるポイントなども勉強になりました。お話が聞けて良かったです。

・片付けてもすぐに散らかりストレスに…。何とかしなくてはと思い参加しました。まず「捨てる」ところからですね。

 

1 / 212
お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ