MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ
  • HOME
  • >
  • タグ : 片づけ

クローゼット診断&骨格スタイル分析で似合う洋服を残し、使い勝手のよいクローゼットになりました。

衣替えを含む衣類の整理収納のご依頼。
クローゼット内とパイプハンガー、ベッド下の引出収納の見直しをしました。

毎日遅くまでお仕事をされるので、なかなか見直しができないとのこと。
一人では億劫になる衣替えも、伴走者がいれば短時間で終わります。

 

骨格スタイル分析もしながら、似合う洋服と、ご本人様の気に入っている洋服だけに厳選。
ソフトコンシャスがお好きなのですが、どちらかというとカッコいい系がお似合いでした。
女性らしいフリルがダメと言うわけではないのですが、今後のお買い物の参考にしていただくことに。

 

同じフリル付なのに、似合うのと似合わないのがあるのは何故か?
そこも解説しながら選別をしていきました。
ご自身でも、似合わないな~と感じていた理由が判明し、納得されていました。

 

BEFORE  web%e5%a4%a7be  web%e5%a4%a7be1

AFTER    web%e5%a4%a7   web%e5%a4%a71

 

クローゼット内のパイプの高さも変えて(変えられる事をご存知なかったそうです)、下は棚を1枚増やしました。
バッグ類は、棚の下に収納。普段使っているバッグは、すぐに使えるように引出の上にON。
お仕事着とオフシーズンはクローゼットとベッド下に収納、
普段着はパイプハンガーと引出に収納し、区分けもできました。

 

洋服は好みで買ってくるので、同じようなものが増えがちです。
全部出して見ていく中で、色合いやスタイル、年齢に合っているかの総チェックをし、
スカート丈の調整できるものは、お直しをして再生することをご提案。
お気に入りのお洋服は、最後まで着たおします。
お洋服も、そこまでしてもらえると幸せですね。

家族が捨てない。どうすればいい?

10月1日 新月メルマガより

◆家族が捨てない。どうすればいい?

 

昨日は、あざみ野で認定講座でした。

受講生さんのお一人が

 

「夫は見ないけれど、捨てないでくれ。という人。

自分のモノは減らしたけれど

夫と子どものものだけ、収納している感じ。」

 

 

割とよくある話です。

その前日も、カルチャーさんの講座でしたが

 

「夫が捨てられるようになる事を教えてもらえますか?」

との電話があったそうです。

そういう講座ではないので、と言われたそうです。

お困りの方は多いのですね。

 

 

 

整理収納アドバイザーの方はすでにご存じですが

勝手に人のモノを捨てるのはご法度。

大人であれば、ケンカになりますし

子どもであれば、捨てられない子どもになります。

 

 

そもそも自分のことさえも変えることが難しいのに

他人を変えようとすることは無理です。

変えようとするエネルギーが放たれた瞬間に

相手は無意識で感じ、拒否します。

 

 

 

 

だからこそ、《空間を変える。》

 

 

 

 

家族が心地よい状態にしていく。

それが潜在意識に落ちていくまで。

 

 

 

完璧を求めてはいけません。

ご実家を見てみましょう。

どのような状態ですか?

 

 

そこで育ったのですから

20年以上、そこの情景はDNAにインプットされています。

それが普通の状態です。

潜在意識まで到達しています。

 

 

結婚されてから、何年経ちますか?

 

 

「心地よい」というのは

皮膚感覚のようなもの。

自然に馴染む感じでしょうか。

 

 

それが当たり前になった時に

自分の周りの情景と違和感があれば

 

 

《その差を埋めたい!》

 

 

自主的な行動に移ります。

それまでは、ひたすら環境を整えること。

その方が動きたいと思うまで。

 

 

 

「だれか人(妻・親)がやってくれる。」

これはこれで、問題が起きてくる事例が増えているようです。

 

これはまた次回に。

 

 

 

◆10月1日(土)9:11に天秤座に入ります。

 

9月は整理整頓をした方がいいですよ~。

そう前回・前々回のメルマガでお伝えしました。

実行されましたでしょうか?

 

 

 

友人で、数秘と歌のコンサルをする人がいるのですが

体験をさせてもらいました。

 

9という数字は、最後の数なので

終わり、完結という意味があります。

なので、9月は、9 完結の時期です。

 

10月は、新たな始まり、創造性という意味があります。

 

だからこそ、9月に今までの整理をして

新たな世界に飛び立つための準備をする。

 

いよいよ10月。

準備はできていますか?

 

 

 

数秘にもいろいろとあるようで

誕生数だけでなく、

宿命数、運命数と解説してくれました。

 

 

整理収納と同じだな~と思ったのが

歌が苦手だったり

大きな声を出せなかったりする原因

 

 

『こころにある』

 

 

大きな声が出せないのは

自分に自信がなかったり

子供のころは、周りを気にせずに歌っていたのに

大人になると、恥ずかしいから歌わないなど

こころに関わっていることが多いといいます。

 

 

もちろん、歌大好き!もっと上達したい!

という方もいらっしゃいます。

 

 

そんな方は、小さい時に近所のおばちゃんから

 

「上手だね~。

もう一度歌ってちょうだい。」

 

そんな言葉をもらっていたりしませんか?

それがいい方向で残っている。

自分は得意。

 

 

 

逆にトラウマになっている場合は

『絶対、人前では歌わない。』

 

 

これって、思い込みの場合も多いのです。

指導者にしっかりと、どこまでできるようになりたい!

そう伝えればいいだけ。

 

 

ちょっとアドバイスをもらっただけで

声が出しやすくなりましたよ♪

 

 

 

部屋の状態も、こころの状態を表しています。

目に見えるので、明らかに自分が混乱しているのが分かる。

バロメータにしていただくと、

 

 

あ、このままじゃマズイ!

 

 

と、わかりますよね。

部屋が散らかっていると

頭の中もごちゃごちゃしていることが多いです。

それが続くと、憂鬱になって動けなくなるかもしれません。

 

 

 

病は気から。

 

 

ことわざでもあるように

気を整えることは、健康につながります。

部屋を整えるだけで、自分の中の気が整う。

 

 

片づけない理由は、ないのではないでしょうか。

自分と家族の、身体とこころの健康のために。

家族で会話ができる ダイニングキッチン

整理収納サービスを受けていただいた、山田さまからご感想をいただきました。

(ご本名でOKをいただいています。ありがとうございます。)

 

ご自身で片づけたい!とのご希望でしたので

家具の配置の変更や、棚板の追加など

玄関・リビング・キッチンの提案をさせていただきました。

その中でも、食器棚の棚を追加したり

本来のダイニングキッチンとしての機能を復活させるために

キッチンとリビング、食器・調味料・雑貨などの移動・収納をしました。

 

(ご感想)

おかげさまで、休日などは家族4人でダイニングテーブルの方で、食事が出来るようになりました。

今までTVを見ながら黙って食べていたのですが、

会話しながら食べることが出来るようになったのが、大きな変化でした。

食品庫にしている引出も、在庫が見やすく片づいて

食器も出し入れしやすくなって、ごはんの支度が早くできるようになりました。

 

家が片づくと、気持ちも変わるというのは、本当ですね。

 

あと、2階も気になっている所があるので、一日一時間でも片づけの時間を確保して

家も心もスッキリさせて行きたいです。

また、どうしても自分では無理となったら、お願いするかも~です。

 

ありがとうございました!

山田さまご感想

 

(藤岡 聖子より)

ご家族と、仲よく食事ができるようになって、良かったですね!

キッチンが使いやすくなると、家事効率がアップしますから

ぜひ、このまま維持してくださいね。(^^)

コメント公開をしていただき、ありがとうございました。

 

札幌講座終了!整理収納アドバイザー1級講座&片づけ習慣セミナー

7月2,3日は、整理収納アドバイザー1級予備講座

5日はスキルアップ講座「片づけ習慣~成果をだすための方程式」でした。

 

札幌は今一番いい時期で、日中は過ごしやすく、朝晩は空気がヒンヤリします。

札幌大通り公園 バラ

大通り公園のバラ。綺麗でした~。

朝早く公園を通ると、いい香りがします。

写真撮影している方も多いです。

アイドル系の方も、カメラマンと一緒にいました。

 

北海道といえば美味しいものが一杯ですね。

ブログにお薦めお土産やラーメン、お寿司も載せました。

ご覧くださいね。

 

片づけ習慣セミナーでは、ご参加いただいた方から、こんなご感想をいただきました。

 

「チョット難しかったが、楽しく聞けました。

いかに習慣にするように続けられるか

一人暮らしが長いので、終活にモノを無くすようにしたい。」

70代のおばあちゃま

 

「今日はありがとうございました。

最初はアドばうザー向けの方の為のセミナーで、私には難しいかな・・・

と思いましたが、役に立ちそうです。

まずは気持ちから少し変えていって

「イイ気分!」の部屋を目指したいと思います。」

 

「これからアドバイザーとなるための知識としても為になり

今日の講座の内容を活かして、家の中を見直そうと思いました。」

 

「本日は長時間にわたり、ありがとうございました。

自分自身の行動をポジティブに良い習慣として身に付け

残りの人生を楽しく暮らしていきたいと思います。

また、もう少し深く勉強できるチャンスがありましたら参加したいと思います。」

 

 

その他、講師としてすでに活躍している方からも

「1級受講者、1級取得者にも受けてもらいたい。」

とコメントをいただきました。

 

皆さま、スーパーチェックシートを活用していただき

夢のお部屋実現に向かって

片づけ習慣を身につけてください。♡

「年末年始の幸せ片づけセミナー」株式会社ジェイドクリエイション様からの声

昨年、大手リフォーム会社の営業部長さんから、

「最近気になる“終活・エンディングノート”に関するセミナーを開催してみたい」というご相談を受けました。

今までは一般的な幅広いお客様を対象に大勢お越しいただく企画ばかりで、

お祭り騒ぎで終わってしまい、なかなか売り上げに繋がらないとのこと。

今回は思い切って内容を絞り込んだセミナーにチャレンジして、

営業サイドの意向も汲みいれていただける講師を紹介して欲しい、という依頼です。

そこで以前に受講して印象的だった藤岡先生の「生前整理(幸齢整理)セミナー」をお勧めし、

終活をテーマにしながらも分かりやすく明るい講座だったことをご説明しました。

 

昨今の整理収納ブームに加えて、生前整理、幸齢整理、エンディングノート、風水に興味を持たれ、

藤岡先生の多彩なテーマと女性目線の発想やワクワク感を大切にするポリシーなどがマッチして、

即ご紹介へという流れになりました。

12月は「幸せを呼ぶ年末の大片づけ~自分を輝かせる2016年を迎えるために~」

1月は「神様は綺麗がお好き~神様に願いを聞いていただける空間作り~」と連続で講演していただきました。

パナソニックリフォーム横浜

告知媒体の一つとしてサンケイリビング新聞に広告掲載をしていますが、かつては反響がイマイチだったのに対し、

藤岡先生のセミナーの回は確実に予約と問い合わせが入り、しかもリフォームに興味がある理想のお客様ばかり。

これはかなりの好印象で、費用対効果が優れていると担当者も喜んでいらっしゃいました。

パナソニックリフォーム

整理収納の知識は今やTVや雑誌、各所セミナーで氾濫気味、ただ単に「すっきり・片付く」だけでは弱いようです。

ですが「幸齢整理セミナー」は、新しい視点で誰でも幸せに歳を重ねるというところがポイントで、

誰でも年を取れば遭遇する問題だからこそ高評価を得てのだと感じました。

受講されたお客様からも

「いろんな収納セミナーを受けてきたけど、個別に問題解決が出来てわかりやすく、幸せな気持ちになれた」

「収納計画がみえてきたので早速リフォームを進めたい」という声を頂いています。

住まいやライフスタイルを切り口にして、さらにターゲットを年配向けに絞り込んでおり、まさにこれからのニーズに合っています。

また建築・リフォーム会社にとっても、上質な顧客を集約しやすいテーマであり、今後も藤岡先生ならではのテーマで提唱し続けていただきたいと願っております。

お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ