MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ
  • HOME
  • >
  • タグ : 子供

11月 片づかない人の片づけカフェ

11月18日 片づけカフェを
横浜あざみ野のカフェ・プリムールにて開催します。

片づけや風水、運気アップに興味のある方におススメ!

詳細はこちら

幸せ片づけ講座2コース募集開始 10月~2月

自宅をパワースポットにしてみませんか?

自宅を片づけて、家族全員が心地よい 空間をつくりませんか?

風水も生かしながら、自宅をパワースポットにしちゃいましょう!

人生が変わる幸せ片づけ講座です。

 

あるお宅でのお困りごと。

田舎から大きな仏壇がやってくる。
仏壇を置く場所は、1階には
以前飼っていた愛犬のゲージがあった場所しかありません。

 

いつでも愛犬が見えるように、リフォームしていたキッチン。
そのキッチンから見える真正面に、仏壇を置くのでしょうか。。。

 

色々なお話しをお聞きしているうちに、ご自身の事業の話になり、
所属している団体と違和感がでてきたことから
独立して自宅で始めることに。
リビングの真上にある納戸部屋から、整理始まりました。
風水を見ると、ここが奥様にとって一番よい場所に当たっていたからです。

 

スッキリした自宅内にできた事務所。
2回目訪問の際に言われたことは

「頭の痛いのが無くなったんです!!」

 

リビングの上にあった、いらない物達の負のエネルギーが無くなったので、
パン!と天に抜けたのでした。

それから、他のお部屋の改造が始まりました。
まずは寝室。
旦那さんにとって、一番心地よい場所でした。
いつもベッドでテレビを見ているのは
奥様にとっては理解できないことでした。

 

お互いに心地よい場所が違うことが分かって、「なるほど!」

 

ただ、ベッドの位置がおかしく、カーテンが閉まったままになっていました。
そこで家具の配置換えをし、気の流れに最適な配置に変更。
カーテンも開き、明るく心地よい空間に変身させました。

 

当初の目的だった仏壇はというと、
2階に配置。
脳梗塞を起こした旦那様のリハビリに、
階段を上っていただくことになりました。

 

そして、キッチンの目の前の空間には、、、

 

 

 

 

 

新しいゲージが置かれています。

 

「家を片づけてから、前の子と うり二つの子犬を見つけたんです!」

「私は、この子と会うために片づけたんだわ!!!💛」

 

ご相談された始めのお顔とは別人のように、明るく晴れ晴れとしていました。

こんなことが起こるのが、幸せ片づけです。

風水も交えた自宅の片づけ方を、講座ではお伝えしていきます。

 

 

自宅の片づけ方が分かる。

自宅の風水が分かる。

引っ越したとしても、風水が使える。

さらに、どこに引っ越したらいけないかも、事前に分かる。

 

不思議と、いつもつぶれるお店の場所って、ありますよね。

お店の業種も違うのに、いつのまにか無くなっている。。。

知っておいた方が、いいですよね。

他の方に、基本的な鑑定もできるようになります。

 

5か月で終了するために、ギュッと濃い内容になっています。

 

【説明会】

●横浜 あざみ野カフェプリムール
8月20日(日) 好評にて終了
9月16日(土)

片づけカフェでお話しします。14時~16時

●港区
9月10日(日)麻布十番サロン 10~12時
麻布十番駅前

麻布十番 片づけカフェ&説明会

 

 

 

【第1期】 土日コース 時間 13:00~16:00

場所:横浜 アートフォーラムあざみ野

第1回  10月 1日(日)

第2回  11月19日(日)

第3回 12月17日(日)

第4回  1月13日(土)

第5回  2月18日(日)

 

【第2期】平日コース 新宿三丁目駅徒歩0分 10:00~13:00

場所:新宿三丁目駅前

第1回 10月4日(水)

第2回 11月15日(水)

第3回 12月13日(水)

第4回  1月17日(水)

第5回  2月7日(水)

 

特典

5万円相当の四柱推命鑑定

片づけカフェにご参加いただき、お申込みをいただいた方限定で、

知り合いにしかしていない四柱推命を無料で見させていただきます!

この特典は、今回限りです。

お早目にお申込みください!!!

 

お問い合わせ・お申込み

整理収納と子供への想い

片づけで世界に愛を広げる
片づけセラピスト藤岡聖子です。

 

ブログに自分の想いを載せました。

ぜひお読みいただきたく、コラムにリンクを貼らせていただきます。

なぜ整理収納に関わっているのか?

どうしてこの仕事をしだしたのか?

そんなことを綴っています。

私の原点を、今になって確認をする必要があると感じています。

感想もお寄せいただければ嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

整理収納と子供にかける想い

 

 

 

魔法の質問ライフストーリーテラー体験会

20150531_161058-1

人には必ずストーリーがあり、
自分のストーリーを知ることで
「自分の強み」や
「これからどう生きていけばいいか?」
などが見えてきます。

それらを導く人を

【ライフストーリーテラー】といいます。

今回、
今までにない、
全く新しい手法で

ライフストーリーを導くメソッドができあがりました。

その体験会を7月につづき、8月もします。

ユニセフのイラストも手がけている
うしじまひろみさんとマツダミヒロさんのコラボ企画です。
お二人の新しい手法によりストーリーを描いていき
あなただけの物語を1冊のビジュアルブックにまとめることできます。

自分の人生の変化、新たなる気づき、そして未来が見えてきます。

で、結局どんなことをするの?
というと

魔法の質問に添って 絵本にシールを貼っていきます。
たくさん貼ってもOK
貼らないページがあってもOK
すべて、あなたが思ったこと、感じたことは、今必要なことなので、そのまま受け入れていきます
その絵本にストーリーをつけていきます
他の方に、ストーリーを読んでもらいます
じっくりと味わってください
それが未来のあなたからのメッセージのこともあります

体験会のご感想はこちら

1.自分が本来どんなことを考えているのかがわかります
2.今までに起きてきたことが肯定的に考えられるようになります
3.これからの未来の自分を信じられるようになります

 

【こんな人に体験して欲しい】

●絵本作りを楽しみたい
●起業をしたいが、どうしたらいいか分からない
●自分に自信がない
●妊婦さん~生まれてくる子供のために
●赤ちゃんの育児ダイアリーを作りたい
●学校・幼稚園・育児サークルの先生、保護者
●就職活動中
●家族療法を受けている
●子供とうまくコミュニケーションを取りたい
●感情表現が苦手
●お互いをもっと知りたいカップル

お申込はこちら

20150531_161144-1

【行政の方へ】

●高齢者向けの人生振り返りブック~孫に話そう(エンディングノートより簡単)
●介護施設・痴呆症ケアのために
●独居老人の孤立緩和
●社会福祉協議会社員研修

日時:8月 19日(水)13:15~15:15
場所:講師自宅(お申込の方にお知らせいたします)
体験会料金は、教材費のみの価格3000円です。

お申込はこちら

20150531_161253-1

お受験を考えている子供のお片づけ

中学受験を考えている親子のお片づけに伺いました。
今回は子供部屋。

お受験をするとのことで、毎日塾や習い事でいっぱいの小学5年生。
ママはフルタイムで働いています。
話を聞いていると、涙ぐましいほどお子様のお世話をされています。

 

働いているので、お子様は学校から学童へ直行。
その後、学童から塾へ。

塾の勉強道具はどうしているのかお聞きしましたら、
ママが朝出勤前に学童に届けているとのこと。

では、塾に行く時にランドセルは?
これも、ママが後でランドセルを回収して自宅に戻している。
もちろんお弁当も作られるわけで、
忙しい中を目まぐるしくお子さんのスケジュールに合わせています。

これだけ時間を子どもに割いていれば、
お片づけが後回しになるのも分かる気がしました。

 

時間がない人ほど、整理収納の仕組み作りは有効なのです。
前回は寝室と衣類部屋、廊下収納庫をさせていただきました。
この時に気が付いたそうです。

 

自分では、こんなに出来ない。
ずっとストレスを抱えていないで、頼もう!

 

依頼された側としては、整理収納の価値を認めていただき
本当に嬉しい限りです!

 

 

次に子供部屋のお片づけを、お子様がご自宅にいる日にさせていただきました。
前回に子供部屋を見ていました。
雑然となっている原因は、お子様だけにあるのではないことは一目瞭然でした。
子供部屋と言いながら、親のモノが混在していたからです。
これでは自分で管理しなさいと言っても、
自分のものではないし~~~。♪

 

子供に限らず、パートナーでも同じ反応が返ってきます。
ましてや、どこに置けばいいのか判断できない子供には無理というもの。

 

そこで、親のモノは部屋から一掃。
・オモチャ
・絵本
・文具類
・学校の勉強道具・プリント・お道具類
・塾や習い事のテキスト・プリント
と本人が分かるように分類しました。

 

ここで子供でもできる仕組み作りをします。
ゾーニングという考え方です。
オモチャと勉強道具が同じところにあっては、何をする場所か分かりません。
勉強しようと思ったら、目の前にオモチャがある。
これでは誘惑してくれと言っているようなものです。

 

同じ場所にいろんな物が置かれていると、訳がわからなくなる。
これは子供だけではなく、片づけが苦手な大人も同じです。

 

 

さらに、収納用品にも問題がありました。

ファイルBOXはお使いになっていましたが、
ひと手間かかるものでした。

ファイルBOX縦紙

これでは、すぐに出し入れできません。
お子さんは毎日Wワークなのです。
遅くに帰ってきて
学校の教科書も、塾のプリントも仕舞わなければなりません。
そこに手間がかかってしまえば、
床に置きたくなるのも当たり前ではないでしょうか。

 

また、同じBOXを使えば見栄えは綺麗ですが、
子供にとっては中味が見えないので、記憶している範囲でしか戻せません。

そこでこちらに変更。

ファイルBOX前空

前が開いているBOXなので、ワンアクションで出し入れできます。

 

もちろん、いらないプリントや教科書は排除。
普通の小学生であれば、前年分の教科書があれば問題ないはずです。
塾に行かれているのであれば、見返すこともないでしょう。

 

あちらこちらに分散していたプリントは集めてBOX収納
・学校のプリント
・塾の宿題
・塾の終わったプリントでファイルしておくもの
他には
・学校の教科書BOX
・塾の教科日別テキストBOX(塾は曜日で教科が分かれているので)

 

ここでまた仕組み作り
どのBOXに何を入れるのかを、視覚的に明確にします。
教科書やプリントは、本人が見れば学校のか塾のかは分かります。
問題はファイルBOXの位置です。
常に同じ定位置に置くことが、崩れない方法なのです。

 

そこで棚の厚み部分に大き目の文字(文字が難しければイラストや写真)でラベルを貼ります。

 

オモチャなど箱に入っている物であれば
棚だけにラベルを付けるのではなく
箱自体にもラベルを貼ります。
遊ぶ時には、箱ごと出すのが普通です。
箱と棚のラベルを見れば、元の位置に戻りやすい。
どこに返せばいいのか分かるようにするためのWラベルです。

 

幼い子供であれば、文字は無理なので色ラベルで合わせるといいですね。
ハート型の半分づつにして、合せるとハートが完成する。
こんな遊び感覚の片づけなら、楽しみながらお片づけが身に付きます。
親は、その子がどうすれば返せるのかを考えて、仕組みを作ってあげましょう。
こちらのお子さんの場合、塾の宿題プリントが一目でわかるように
黄色のBOXを自分で選びました。
自分で決めるというのが、大切ですね。
これで頭の回路に、しっかりこの場所が刻み込まれたはずです。
もちろん視覚的にもバッチリです。
3時間であっという間に片づきました。
出来ないと思っているのは親だけかもしれません。
いる・いらないの判断は、子供の方が大概早いのです。
それを親が口出しするから、親の顔色を伺って捨てないということも多いのです。

 

お爺ちゃんにもらったから
高かったから

 

子供にとって大切なお爺ちゃんからのプレゼントという意識であれば
迷いなく「いる」と言います。
いらないというのであれば、それはいらないのです。

 

高かったという価値観は親のもの。
子供は自分が好きなものだけをチョイスします。
値段は関係ありません。
たとえ取っておいたとしても、
使われることなく数年後には廃棄処分になります。
自分の経験からも、間違いありません。(笑)

 

であれば、商品が新しいうちに、
使っていただけるところにお嫁入りした方が
そのモノは活きるのです。

 

子供には、なるべく早いうちに片づけ方を身に着けさせたほうが、後が楽です。
思春期になって、親に反抗しだしてからでは、なかなか手が出せません。

 

いつも部屋が綺麗だと気持ちがいい!!

 

日本人は、お風呂に浸かると気持ちがいいと思いますよね。
外国ではシャワーで済ませる国も多いです。
これは、子供のころから
お風呂に浸かると「気持ちがいいね!」
そう言われてきたからだと思うのです。

 

ぜひこのお風呂の感覚みたいに
部屋の環境が整うことでココロも整うということを身につけておけば
独り立ちしても、親が心配する必要はないでしょう。

 

1 / 212
お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ