MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ
  • HOME
  • >
  • タグ : エンディングノート

認知症とエンディングノートの蜜月関係。お勧めする理由①

エンディングノートセミナーでは、たくさんの方にお集まりいただきました。

私がエンディングノートをお薦めする理由はいくつかあるのですが、その一つを今日シェアしたいと思います。

 

いま私の母は、入院しております。交通事故にあったからなんですけれども、幸い体の方は元に戻りそうなんです。しかし、ちょっと頭を打っているために、脳の機能の方が一部損傷しております。

だからこそ、強く思うのですが、自分がどういうことで今後、例えば意思確認ができなくなるとか、話せなくなるとか、そういう可能性ってあるんだなって思ったんですね。

 

今までは想像の世界で皆さんにお伝えさせていただいたのですが、親が現実問題としてそうなると、本当に心から思っております。

 

とりあえず話すことはできるので、その場だけの確認はできるんです。でも忘れてしまうんですよね。短期記憶が残らないんです。もし自分だったら、どう皆さんは思いますか?

もしこれがもっと長期にわたって分からなくなったら、どうでしょうか。

ちょっと認知症に近い状態になるわけです。

 

もし認知症になった時に、子供が面倒を見れるとは限らないですよね。

施設に行った時、この人はどういう人生を歩んできたのか?

どういう食べ物が好きで、どういう色が好きで、どんな音楽が好きなのか?

嫌いなことは何なのか?

そのようなことを、事前に介護者に伝えられたとしたならば、その人はその人らしく人生を送ることができるのです。

 

これは理解が難しいかもしれません。

意識があるなしにかかわらず、その人は生きています。

言われた事を忘れてしまったとしても、その人はその人らしく生きる権利があります。

 

ではその意思確認を、どのようにしていくのか?

ここがとても大切になってくるんですね。

そのツールとして、エンディングノートに書いておくことは、とても重要なことなのです。

 

例えば、大好きな場所はどこか?

認知症がひどくなったとしても、その場所に連れていってもらうと、その症状はよくなるのです。これは親戚の叔母が実際にそういう状態になった時に感じたことでもありますが、実際にそうなんだなーって感じたのです。やっぱり自分の大好きな場所は、気持ちがやわらぐのですよね。そうすると、良い状態になっていくのです。

 

好きな食べ物を食べれば、やっぱり笑顔になります。

そしてこれは、事前に本人が書いておくということが必要になります。周りの人たちが知ってるかどうかというと、どうでしょうか。自分の親でも、この場所が好きだなんて、聞いたことありますでしょうか 。

何色が好きだって、聞いたことがあるでしょうか。

どんな食べ物が好きで、どんな食べ物が嫌いなのか?ちょっとわかるかもしれません。でも絶対ではないかもしれないですね。

 

こういう些細なことを、自分なりに記録をしていく。

それが、ひとつのエンディングノートの役目でもあります。

 

まだたくさんあるのですが、またの機会にしたいと思います。

 

今日は情報の整理ということで、エンディングノートのことをお伝えしました。

今日も幸せの波動で満たしていきましょう。

 

幸せ片づけハッピーセラピー 。

(音声ブログ himalaya第224回)

スマホの方は、無料アプリhimalayaをダウンロードするとお聞きいただけます。

エンディングノートセミナー 新宿

 

1月19日、新宿デュオセーヌサロン様で、エンディングノートセミナーをいたします。

 

 

 

 

母が交通事故で入院してから1ヶ月。

全く家事をしたことのない父の面倒と、母の病院への送迎。

ちょっと寝不足ぎみです。えへへ…

 

介護保険申請もして、認定員の調査も終えました。

 

夫婦で暮らしている時に、一人だけの申請ではヘルパーさんを頼めません。

夫婦一緒に申請を認可していただく必要があります。
また、認知症の方でも、赤の他人の前ではシャッキとするもの。

認定が降りなければ介護保険は使えません。

普段を知ってもらうには、どんなことをしておけばいいでしょうか。

 

 

 

この手続き、やり方ってわかりますか?

また、いつ、どのようなことが想定された時にしておけばいいのか?

 

その話を、himalayaネットラジオでお話しています。

幸せ片づけハッピーセラピー

無料アプリhimalayaをダウンロードするとお聞きいただけます。

 

生前整理(幸齢整理)セミナー 新宿サロン9月開催

 

前回好評だった、生前整理セミナー。

再度のご依頼を受けて、自分らしく生きていくための暮らしについて、お話します。

 

 

藤岡は、幸齢整理と呼んでいます。

生前に整理しましょうというのは、どうも気が向かない。

「死」を意識するのは、多くの方が嫌がります。

自分の親も、身近な人たちが亡くなっていく年代のため、特に避けたい言葉のようです。

 

 

だからこそ、

幸せに齢を重ねるための整理として

幸齢整理

と呼びたいと思っています。

 

 

65歳からは、高齢者と呼ばれます。

しかし、今のご年配は、皆さん元気いっぱいです。

前回のセミナーでも、遠くから聞きに来てくださいました。

これって、元気でないと、そもそも来れないのです。

 

 

元気なうちに、自分にとって大切なモノを見極めるということは、

とても重要なことです。

自分がわからなくて、子供に分かるわけがないのです。

 

 

今回はモノの整理のお話をしますが、

お金の整理もしておきたいものです。

 

 

ファイナンシャルプランナーとして、

また相続アドバイザー、終活アドバイザーとしても

エンディングノートは書いておいて欲しいと思っています。

 

 

こちらも10月12日13日に、交流フェスタが新宿で開催されます。

こちらに、NPO法人らしさのブースがでますので

ぜひお寄りください。

もしかしたら、セミナーも藤岡が担当するかもしれません。

 

 

一人でも多くの方に、ご自分を大切にしていただきたいと願っています。

 

ネットラジオ『幸せ片づけハッピーセラピー』を、日々更新中です。

スマホの方は、無料アプリhimalayaをダウンロードしてください。

検索で、藤岡聖子で探してくださいね。

一押し!で出ています。

避難の際に役立つ、エンディングノート(らしさノート)活用法

整理収納アドバイザー2級認定講座を28日に開催しました。

台風が近づく中、開催をどうしようかと受講生さんにお聞きしましたら、「ぜひ参加したい!」とのこと。

新宿会場は、新宿三丁目駅から地下で移動できるので、雨はほとんど気にしなくていいのです。

実際に傘をささずに済みました。

 

本当に変な天気で、昨夜も雨に降られずラッキー!と思っていたのですが、今日もついている、ついてる!♡

龍神様にお願いしたからかしら?(*^^*)

お昼ごろは雨も上がって、通りを歩いている方で傘をさしている人がいない。

いったい台風はどこに行ったのだろう?

天気予報を調べる有様でした。

 

 

今日は水瓶座満月。皆既月食も重なって、とってもパワフルな日なので、いい方向に転んでくれたのかな。

関東は、夜のうちに抜けるみたいです。

関西地方が心配ですね。少しの雨でも、土砂崩れの危険があるとのことですので、十分にお気をつけください。

 

 

 

防災リュックの中に、エンディングノートを入れておくことをお勧めしています。

必要な情報がコンパクトにまとめてあるので、家が万が一の時に保険も降りるし、銀行からお金を出すこともできる。

避難で急いでいる時に、証券や通帳を持ち出すのは、大変ですからね。

日ごろからまとめておくといいですよ。

 

エンディングノートは、死後に使うためのものだけではなくて、自分らしく生き抜くために必要な情報が書けるノートです。

ぜひお書き下さいね。

おススメは、ワンコインにも関わらず、フルに情報の整理ができる「らしさノート」です。

今日の受講生さんも、中身を見て欲しいと言われていましたよ。

 

 

家が流されてしまったとしても、証券番号や通帳番号、自己証明が出来るものが書かれているエンディングノートは、あなたがどこの誰ということを証明できるものです。罹災証明がないと復興の第一歩が踏み出せないと、広島の水害にあった方が言われていましたが、役所が被災した東北震災では、罹災証明が出るまでに1~2ヶ月かかりました。それでは、生活が回りません。

自分で用意できるものは、事前に用意をしておかないとね。将来の不安も、少しやわらぐはずです。

 

終の棲家と一人暮らし

終活の漢字変換で、しばらく前は就活しか出てきませんでしたが
最近はちゃんと出てきます。PCも記憶が定着してきたようで。(笑)

 

さて、終活で気になるところはどこでしょうか?

 

人によって異なると思いますが、
多くのモノでうずもれてしまうような生活をしている方は、モノ。

 

不動産オーナーのアンケート調査で、
高齢者の入居を控えているという実態が明らかになってきました。

(国土交通省PDFより)

 

家賃が払えるかどうか?の不安が一番多いのですが、
2番目が、『住居の使用方法に対する不安』です。
明らかにゴミ屋敷化を恐れているのではと感じます。

 

自宅を購入するか、賃貸で住むか。
ここは分かれるところですが、生涯支出は同じとも言われています。
転勤族で、いろいろな住宅に住んだことがありますが、
いろんなところに住めるのは、失敗したと思ったら引っ越せるという強みもあります。
ご近所の人間関係で困った時にも、引っ越せばいいのですね。

 

我が家は、3歳の子供の足音がうるさいと、階下の住民から言われて引っ越したことがあります。
しかし、高齢になってから住む家が無くなるのは痛いですね。

 

これも、ゴミ屋敷化しやすい独居老人の影響があるのでしょう。
その方が亡くなっても、親戚が引き取り拒否をすることもしばしばあるようで、
大家さんにとっては、頭の痛い問題のようです。

 

一人暮らしでも、きちんと後始末ができるように、親戚に頼んでおくとか、
第三者(司法書士やファイナンシャルプランナーなど)と契約をしておくことが望まれます。

 

終活を考えるには、エンディングノートを使うと考えやすいですね。
高齢者支援をしているNPO法人ら・し・さがだしている

ら・し・さノートは、ワンコインで変えるエンディングノートです。

ファイナンシャルプランナーが作ったノートなので、
必要なことのみを記載できるわかりやすいものです。

一度書いてみてはいかがでしょうか。

1 / 3123
お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ