MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ
お知らせ

TCカラーセラピスト講座10月受付開始

ご好評いただいているTCカラーセラピスト講座、9月は満席となりました。

ありがとうございました。

10月の講座のご案内をいたします。

 

日時:10月21日(水)10:00~16:00

場所:講師自宅(横浜市緑区) 最寄り駅:JR・市営地下鉄中山駅

お申込の方にご案内いたします。

お申込はこちら

横浜カラーセラピーblogはこちら

東海ラジオの取材を受けました

9月14日放送 「安蒜豊三ニュースファイル」にて、【デジタル遺品】についてお話しました。

 

本をおしゃれに収納する

雑誌、本が部屋に散らかる、片づかない理由

ついつい増える書籍類。

情報過多の現代では、情報収集をしないと乗り遅れるというような危機感が、

あれもこれもと本を買う理由の一つになっています。

また、持っているだけで知識を得た気になるのが本なのです。

確かにその時は【】と思っても、どれだけ頭の中に蓄積するかといえば【?】。

本当に【!】となったものは、自分に落とし込みができているので所有しておく必要はありません。

しかし【!?】が曲者。それが増える原因と考えられます。

もう一つはコレクション。漫画本などは代表的なものですね。

今や日本文化を象徴するまでになった漫画は、シリーズで揃えたくなるコレクターは多いと思います。

読み散らかしてベッドの周りに放置状態のことも珍しくありません。

キレイに揃えてコレクションの存在感を上げ、モチベーションをアップしてはいかがでしょうか。

 

(株)アンドロッジ

(株)アンドロッジ

 

雑誌は本より寿命が短いもの。

流行によって内容は変りますので、収納場所をここだけと限るか、3か月など期限を決めましょう。

ナレムコの法則※というビジネス文書の法則がありますが、雑誌も同じように考えてみましょう。

必要な情報は切り抜いてスクラップブックを作るか、ファイルBOXに用途別フォルダーを作り収納しましょう。

※ナレムコの法則:米国・国際記録管理協議会の統計。仕事で使う書類の99%が1年以内に作成・収集したもの

 

 

本の “おしゃれな収納”のコツ5か条

【1】ジャンル分けで、探し物なし

本が出しっぱなしで積み上がっていくのは、ジャンル分けができていないからです。

どこに戻せばいいのか、コーナーごとにテーマが明確になっていればすぐに戻せますし、

取り出す時にもサッとお目当ての本を見つけることができます。

本の高さだけで揃えてしまうと、同じジャンルの本がいろんなところに置かれることになります。

お料理を作ろうとした時に、作る時は全部出すけれど、作り終わったら別々の場所に戻さなければならない。

これがテーブルの上に山積みのまま放置される理由です。

初めからお料理のコーナーにしておけば、ガサッと返せます。背の高い本は両サイドに寄せると安定して見えます。

 

【2】立てる

積み上げてしまうと、取り出すこと自体が面倒になり、さらに積み上がるという悪循環。

書籍類は「立てる」が原則です。

立てづらい雑誌や切り抜きは、ファイルBOXやクリアファイルを使って収めましょう。

 

雑誌はBOX収納で寝かせない

雑誌はBOX収納で寝かせない

 

【3】背表紙(面)を揃える

そんな簡単なこと~?でも以外と重要なんです。

人間の目はデコボコがあると、そこに自然とフォーカスしてしまい、雑多な印象を持ちます。

書棚がキレイに見えるというのは、全体が景色として素敵に見えるということ。

つまり、面の数を減らすことで見栄えがよくなるということです。

手っ取り早いのは、書棚にカーテンを付けてしまえば平面(1面)になるのでスッキリとします。

 

・突っ張り棒に北欧カーテンを吊るしてタペストリー代わりに

 

同じ理由で、棚板もさまざまな高さがあるとデコボコ感がでるので、

横のラインを揃える、等間隔にするなどでスッキリ見せることができます。

 

(株)サン・グリーン・アソシエイツ

(株)サン・グリーン・アソシエイツ

 

シリーズものは数字順に並べていきます。数字はつい見てしまうもの。

10巻セットなどは、他が少々雑でも数字が順番に並んでいるだけで整頓されて見えます。

 

140509_suumo_0509_1223

 

【4】最適な置き場所を決める

本は本棚にあるものと思い込んでいませんか?

先ほどのお料理の本。お料理をするのはキッチンですね。

使う場所に使うモノを!が整理収納の鉄則です。

料理本もキッチンに近ければ使いやすい。

 

キッチンには、計量しないと膨らまないお菓子とパンの本のみ

キッチンには、計量しないと膨らまないお菓子とパンの本のみ

 

今はネットで材料を入れればレシピが探せますし、作った方の写真付きコメントを見ることができます。

多くの方が「美味しかった」と言っている料理に、当たりはずれはあまりありません。

ネット検索で内容がわかる本は手放すことも、本がむやみに増えない方法の一つです。

 

【5】本棚における本の位置

*大きい本は本棚下段に収納

基本的に大きい本は一番下段に収納します。

震災に備えて重たい本は下段がいいのと、見た目に安定感がでてバランスがよくなります。

色でいえば濃い色が淡い色のものより下になります。

*飾りたい本

綺麗な装丁の本は、インテリアとして飾るとおしゃれに見えます。

飾りたい本は、おもいっきりスペースを贅沢にとって、面を広く出します。

小物を横に並べるのは、雑多な印象になるので止めましょう。

主役がはっきり分かる飾り方で素敵に見せましょう。

 

本も絵のように飾る

本も絵のように飾る

 

ひとり暮らしの場合

ひとり暮らしは、自分が分かればいいや!と放置しがちです。

読みかけの雑誌や本は、マガジンラックに置くと決めてしまえば、

テーブルやベッドの上に放置されることはありません。

一か所ここ!という場所を決めましょう。

 

子供の絵本

絵本は子供が自分でいつでも取れる場所に置きたいもの。

最近の若いお母さんは働いている方が増えているので、絵本の読み聞かせが減っているそうです。

共感力をつけるためには絵本は大切だと言われています。

兄弟が少ないお宅などは、人の気持ちがわかるお子さんに育てるためにも、

寝る前に1冊読み聞かせをしてみてはいかがでしょうか。

一般的に子どもスペースはリビングにあるので、絵本も玩具と共に一角に設置。

リビング横に寝室があれば、子供は好きな本を選んで持ってきます。

寝室がリビングから離れているようであれば、寝室にも数冊置いて入れ替え制にするといいですね。

親が読んで欲しいと思う本は、他の本の前に表紙が見えるように立てかけておくと興味をもってくれます。

本好きの子どもになれば、一生の宝となること請け合いですよ。

 

綺麗を保つコツ

*人の心理を使ってキレイを保つ

キレイにディスプレイまでされている状態の本棚。

読みたい本を探すことなく、またストレスなく読める状態。

そこまで整理整頓されていると、人はキレイを保ちたいという心理になります。

 

ディズニーランドで何故お掃除をセッセとしているかというと、単にキレイにしているのではありません。

ゴミを落とされないために掃除をしているのです。

ゴミが目に入れば、他の客も汚しているのだから、自分だって汚しても大丈夫と思ってしまうのです。

逆にキレイであれば、そこにゴミをあえて捨てようとは思いません。

それが狙いなのです。

自宅もディズニーランド化して、システムを崩したくなくなるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

*増えないようにするには

本にも食品と同じように賞味期限をもうけましょう。

3年読まずに積読(つんどく)状態、埃をかぶっているのであれば、その本はあなたにとっていらないもの。

流行りものであれば、3年たてば図書館にあるでしょう。

読んでもいないのに、売るのはもったいないと思いますか?

逆に本の立場になって考えてみて下さい。

「いつ読んでくれるの?」と埃にまみれて3年。

もしその3年間、リサイクル本屋さんにあったとしたら、いったい何人の人が読むことができたでしょうか。

本の気持ちになってみれば、あなたの本棚にあるよりもリサイクル本屋さんにあった方が、その本は活きるのです。

 

*本の出入り

なかなか手放せない(出)方は、購入時(入)に気をつけましょう。

出入りが同じ量であれば、本棚を増やす必要はありません。

メタボになったら食事の量を控えるか、運動をしてエネルギー消費をしますよね。

本も同じです。

読み終わったらリサイクルや人に差し上げるなどして、一定量に保ちましょう。

 

*増えやすい雑誌の置き場

雑誌など増えやすいものは、この場所だけと決めて収納します。

読んだら右読んだら右。同じ方向に返しておきましょう。

時間経過と共に、左側に読まない雑誌が溜まっていきます。

この場所が一杯で新しい雑誌が入らない。

そんな時は迷わず左側の雑誌を見直せば、ほぼいらないものがあるはずです。

不要な雑誌を取り除けば、収納場所を増やすこともありません。

 

インナーBOXも立てれば立派な本棚(デスク下)

インナーBOXも立てれば立派な本棚(デスク下)

 

*ネット本棚の活用

同じ本を2度買った経験はありませんか?

読んだ本は、感想を記載しておくとどんな内容だったか思い出せるので、手放したとしても再購入するリスクが減ります。

ネット上の本棚(ブグログ等)を使えば、装丁が見えるので思いだしやすいでしょう。

リサイクルした本、手元にとっておきたい大切な本、これから読みたい本。

それぞれを区分けして一覧できるので、書庫として活躍してくれます。

 

情報は新しいのが命。

古い情報はいりません。

情報系の本や雑誌はいさぎよく手放しましょう。

マネジメント系、財産系も、時代によって内容が変わっていくものです。

時代の早い流れに遅れないように、間違うことがないように、古い情報は手放しましょう。

それがキレイを保つ一番の早道です。

手放した時に初めて、あなたにとって本当に必要な情報が手に入るのです。

お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ