MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ

5月6月ミニセミナーのお知らせ

片づけカフェ

5月21日(日)14:00~16:00

詳細はこちら

 

エンディングノートの書き方講座

6月1日(木)13:00~15:00

ららぽーと横浜

詳細はこちら

お申込み

 

税理士、ファイナンシャルプランナーにも好評の講座です。
ファイナンシャルプランナーが、これだけあれば大丈夫!
そう考えて作られたエンディングノートを使います。

 

こんな方はいませんか?

・エンディングノートを持っているが、書いていない。または書けない。。。

・なぜこの項目を書くのか分からない。。。

・子供にどう伝えたらいいのか分からない。。。

・親に書いてほしいと言えない。。。

 

エンディングノートの意味と意義を知ると、
必要性と、何を書けばいいのか!が明確になります。
大切な家族がバラバラにならないように、
頭の中の整理、お金の整理、情報の整理をお考えの方にお勧めします。

 

【こんな方にお勧め】
終活をお考えの方。
自分に万が一のことがあったら、子供はどうなるのか不安な方。
相続のことを知りたい方。
情報管理を考えたい方。

 

6月1日(木)13:00~15:00

受講料 5,000円(エンディングノート代込み)

ららぽーと横浜

お申込み

幸齢整理(生前整理)セミナー

片づけサロンセミナー

テーマ:神様は綺麗がお好き!

~神様に長く居てもらえる空間作り~

 

2月20日(土)13:30~15:00

リファイン霧が丘 横浜市緑区霧が丘2丁目5-6

お申し込み・お問い合わせ:0120-013-390

 

【人生を変える片づけ習慣!】生活習慣の専門家・佐藤伝さんコラボセミナー

片づけは日々の習慣が大切です。

せっかく綺麗にしても、維持できなくてはすぐにリバウンドしてしまいます。

11月7日飯田橋で開催のセミナーは、

整理収納の専門家・整理収納アドバイザー1級認定講師&アカデミアマスターの藤岡聖子と

行動習慣の専門家・佐藤伝さんとのコラボセミナーです。

整理収納の仕組みが分からなくて、気にいったお部屋にならない方も

大片付けはできるけれど、日々の片づけが苦手な方も

どちらにも目からウロコの話が満載です。

 

 

世の中は片づけ流行ですが、そもそも片づけても綺麗を維持できない人がいます。

整理収納の仕組み作りは、もちろん大切な要素です。

しかし、仕組み作りができても、プロに頼んでも、なお維持できない。

そこには習慣という無意識の領域が関わっています。

 

部屋はこころの鏡です。

こころ(潜在意識)は元に戻ろうとするため、せっかくキレイにしてもリバウンドを起こします。

いかに戻らないようにするか!が、キレイを維持できるかどうかの分かれ目です。

 

ある方は、半身まひの旦那様のためにとリビングを変えようと、藤岡に声をかけていただきました。

しかし、お話を伺っていくうちに、自分のお仕事の方向性について悩んでいることがわかりました。(カラーボトルで深層心理を見ました。)

では、自宅でお仕事ができるようにしましょう!と、2階の納戸部屋から改造を始めました。(風水を使っています。)

スッキリと変わった新しい仕事部屋。次回は寝室、リビングと進めていったのですが、奥様が言われるには、

「納戸部屋を片づけてから、リビングに居ても頭の痛いのが無くなったんです!」

リビングの真上が納戸部屋でしたので、負のエネルギーが下りていたのでしょう。

それからというもの、そのお宅には亡き愛犬に瓜二つの新しい家族が増え、

ご夫婦の居心地の良い場所がそれぞれ違うことがわかり、ご夫婦円満に楽しく暮らしていらっしゃいます。

自分らしい(けっしてモデルルームではありません)心地よい空間を手に入れると、

元に戻すことが苦にならなくなります。

 

それでも習慣という曲者に負けてしまう方は、ぜひ行動習慣の専門家・佐藤伝さんのお話をお聞きください。

元に戻せない方を今までたくさん見てきました。

戻せばいいことは分かっているのに、どうして戻せないのだろう。。。

その解決策を優しく教えて下さるのが、伝ちゃん先生です。

どうやってもリバウンドしてしまうと言う方は、ぜひお話を聞きにきてくださいね。

 

 

私は、なかなか子供ができませんでした。

ようやく授かった子供には、いい環境で暮らして欲しいと思っています。

親であれば、誰もが子供にとってベストな環境を整えたいと思うのではないでしょうか。

女性活躍推進の流れと経済格差から、外に出る女性は、今後も増えていく一方でしょう。

当然、家事の時間は減ります。

そのため、散らかったお部屋の家庭が増える要因はありますが、減る要因は見当たりません。

そこに暮らす子供は、どんな暮らしの中で育つのでしょうか?

頭の柔らかい子供にとって、散らかった風景が日々インプットされていけば、どんなことが起こるでしょうか?

親の家が散らかっているから、自分はできない。そう言う子供世代が、今、親となっています。

自分の子供も片づけられないのではないか。。。

そんな不安の声はよく聞きます。

 

片づけられないから掃除が出来ない。

掃除が出来ないから、体調が悪くなる。

体調が悪いから病院にかかり、お金も自分の時間も減っていく。

経済的な弱者に起こりやすい負の連鎖が目に見えるようです。

経済の負の連鎖は、生活習慣にも起こるかもしれません。

散らかった部屋をなんとも思わない子供達。

平気でお菓子の袋を部屋にポイ!とするとしたら、それはいらないモノが床置きされているサインです。

たとえ親は必要だと思っていても、子供にはゴミ同然だからです。

子供を叱る前に、まずは貴方が変わる必要があります。

日本の将来を担う子供達のためにも、ぜひ片づけ習慣を身につけて欲しいと願っています。

それは、なかなか子供が授からず、ようやく生まれた子供の将来の地球環境を

美しい青い星のまま手渡していきたいと願っているからです。

片づけのイロハ~地球に愛をこめて~をお読みいただければ幸いです。)

 

日時:11月7日(土)13:30~16:30

場所:ガイアモーレ(株)マハロルーム

東京都千代田区富士見2丁目6−9 雄山閣ビル 4F

料金:5,000円

詳細・お申込はこちら

 

佐藤伝氏:行動習慣の専門家  ホームページ

藤岡 聖子:全国で21名の整理収納アドバイザー1級認定講師、全国で19名の整理収納アカデミアマスターとして活躍している

 

 

捨てられなかったのに、捨てられた!!!受講生の声

調布市での3回講座にご参加いただいたおばさまからの感想です。

 

たくさんたくさん片付け本を読んだんです。
こんまりさんの本も読みました。
溜め込む性分なので、本当に捨てられないんです。
夫からは、いくらたくさん本を読んでも片づけられない。と言われていたんです。
それが捨てられたんです。!
たくさんの講座を受けてきましたが、私にとってこの講座が一番です。
ありがとうございました!!!

 

まだまだたくさんあるけれど、
洗面所の床にあったバケツやトイレットペーパーも、棚を買って来て置きました。
捨てられないから、まだ3分の1しか捨てていないけれど、きちんと計測して棚を作ったんです。
床に一杯あった物を整理して、洗面所はスッキリしました!
ダイニングテーブルの上も綺麗に片付けて、花を飾りました!
初めてなんです。片付けられたの!!!

 

感動を心より伝えてくださいました。
よかったですね~。あきらめないで。

 

誰にでも片づけはできるものなのです。
そのきっかけさえあれば、本当に誰にでも。
そのきっかけを探すのが大変なだけなのです。

 

私も今でこそ幸齢整理を勧めていますが、
元々出来ていたわけではなく
汚れているのが嫌いなだけだったのです。
物もたくさん持っていました。
だから、捨てられないという気持ち、分かるのです。

衣類も10年持っていたことがありました。
流行は10年経てば回ってくる。
確かに回ってきました。
しかし着ることはありませんでした。
着ようと思えば着れました。
昔とは違い、現在の流行は何パターンもあり、その一つにはなっていたからです。
しかし、自分の中に古いという気持ちがあり、結局着ることができなかったのです。

 

そんなことを経験したからこそ、手放すという行為に結び付いたのです。
同じ仲間はなんとなく分かるのですかね。
捨てられない人がたくさん集まってきます。
そして、小さな一歩を歩み始めます。

 

他のおばさまも言われていました。
体力が付いて行かないから、なかなかできないけれど、
簡単なセットを作ることはできた。
とっても楽になりました。

 

この方は、朝食セットやお茶セット、趣味のモノのセットを作られたのです。
日々使う物を一緒にまとめるだけで、とっても便利で家事が楽になります。

おばさまの感動はブログ「物を溜め込む性分がたった14日で劇的に変化。捨てられた!!」に掲載しています。

多くの方が、この感動を手に入れて欲しいと思っています。

主催者さまの声

主催者様からのご感想をいただきました。

小田原市男女共同参画セミナー「シニア男性に贈る‘幸齢整理’&‘こころの整理’セミナー」~エンディングノートで考えるこれからの人生~(2014.2)開催

 

先日はお忙しいところ、当市にてご講義いただき、本当にありがとうございました。

<参加者の声>
アンケートの記載内容を見ますと、
○講座内容や資料については、分かりやすく、良い内容であった。
○具体的に何を準備したらよいかがよくわかった。
といったようなご意見でした。

<主催者様の感想>
今回の講座は、エンディングノートをもとに、具体的にお話をしていただいたので、参加者にとって分かりやすくなり、よかったと感じています。
ただ、先生も懸念されていたように、講座の時間に比べて、内容のボリュームが多かったようにも思い、もう少し長く講座時間を設定した方が良かったかもしれないと反省しております
(ただ、参加者からは、講座の長さは適当であったとの声がほとんどでした。)

 

<園田より>
今回はモノの整理とエンディングノートとの、ちょっとよくばりな内容で2時間という設定でした。
そのため、参加者の皆さまに、どちらを多く聞きたいか?との挙手をしていただき、講座を始めました。

エンディングノートのことを知りたいという方が多かったので、
7:3の割合でエンディングノートの書き方と、最も大切なことを多くお話をさせていただきました。
副題にエンディングノートと入っているので、そちらがメインになるのは自然な成り行きだと思います。
ご夫婦で参加していただいた方も5組いらっしゃいました。
お互いにうなづきながらお聞きいただいて、仲の良いご夫婦だなと微笑ましく感じました。

エンディングノートを書く本当の意義というのは、なかなか一般には伝わっていないものです。
死後のことばかりに気がいっていて、本当は自分がいかに幸せに生き抜くか?という視点が欠けているように思います。

認知症になっても自分らしく生きるためには?
その上で相続でお子様方が争わないようにするには?

専門家の選び方なども参考にしていただけたのではないかと思います。
エンディングノートにはラストプランニング・ノートを使用しています。
これはファイナンシャル・プランナーが作ったもので、普通の方なら最低限これだけ押さえておけば問題ないだろうという内容になっています。
厚みが薄いのも書きやすく、お値段的にも毎年~2,3年ごとに書き換えるのには最適です。
遺言書のような法的な効力はありませんが、自分の意思を伝えることができ、子どもに対して愛情を伝えることができます。

多くの皆さまが「本当に大切なこと」に気がついて、幸齢整理を心がけていただけることを祈っています。

 

2 / 3123
お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ