MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ
コラム

震災を考えて準備をする

|2018.06.18|お知らせ一般,ブログ

大阪で震度6弱の揺れを観測しましたね。

南海トラフの余震の可能性もあるそうです。

浅いところでの直下型ですと、余裕がないので逃げようがありませんね。

現に、地震速報が出る前に揺れていたそうです。

 

 

主婦は買い物に走っているとか。

それでなくても渋滞が起き、火事現場への消防車の到着が遅れました。

非常時には、車は使わないのが鉄則です。

一番困っている方に、しわ寄せがいくからです。

 

 

なぜ買い物に走るのでしょうか?

 

 

普段の準備不足が原因です。

 

東北大震災の時もそうでした。

揺れが収まってから、パニックのように水を求めるスーパーやコンビニの列が出来ていました。

 

国は、すぐに回復するからと言っていたのにです。

東北の被災者の方なら分かります。

でも、首都圏の人が右往左往するのはいかがなものでしょうか。

 

 

 

必要な人のところに、水が届かないことになります。

ガソリンも同じでした。

ガソリンスタンドに長い列ができ、東北に支援物資を送るためのガソリンが不足しました。

 

 

都会は、そんなに焦らずとも物資は行き届きやすいです。

全滅したなら別ですが、倒壊した家もないわけですし

家に常備してある食料や水で、数日は過ごしていただきたいものです。

 

 

国が案内していた通り、水はすぐにスーパーに山積みで陳列されました。

でも、その時に買っている人は、ほとんどいませんでした。

わが家は、この時に買い足したのです。

 

 

その後どうなったかというと?

 

 

放射能の話が出たら、あっという間になくなりました。

 

 

この時も、一番困ったのは、どうしても必要な小さなお子様をもっている母親でした。

ミルクを作るのに、水はどうしても必要だったのです。

 

 

 

我が母も、水やらトイレットペーパーやら買い込んでいました。

後で見に行った時に、トイレットペーパーが5個もありました。

オイルショックの記憶があるのでしょうか。

一つもらおうと思ったら、ダメ出しされました。(笑)

 

 

 

そんなに抱え込んでも、使わなければ意味がありません。

それがほんとうに必要な人を、危険な目にあわせることになるのです。

放射能だって、一生その水を飲んだら。。。ということでした。

すでに人生の半分を超えている人が、気にすることではないのです。

 

ま~気持ちは分かりますが、その一時だけなら我慢すればいいだけのこと。

過剰反応は止めたいものですね。

 

 

お勤めの方は、すぐにお買い物には行けません。

保育園にお子様を預けている方もいたでしょう。

ご近所で助け合うのであればいいのですが、自分だけ抱え込むことは避けたいですね。

おむつの予備を持っていなかったお母さまが、友人からもらい受けたという話も聞きました。

こういう時に、助け合える友人がいるということは、心強いですね。

 

 

 

大阪では、塀が倒れて亡くなった方がいらっしゃいました。

地震が起こった際には、塀から離れなくてはいけないのです。

鉄筋が入っていないと、簡単に壊れてしまいます。

 

 

小学校の倒壊した塀は、積み重ねた部分に鉄筋が入っていなかったか

細いものしか使っていなかったのでしょう。

みごとに板状で倒壊していました。

これなら、上部分に鉄筋が入っていない方が、お子様が助かった確率は高かったでしょう。

業者さんの良心が、どこまであるのかと思ってしまいます。

ここは、教育委員会や大阪府の対応の不備ということになるのでしょうね。。。

 

 

まだまだ防災リュックも作っていない方が、結構いらっしゃいます。

これを機会に、一度防災リュックを準備・点検してみませんか?

いつ起きても、日本のどこで起きてもおかしくないと言われているのですから。

 

 

小さいお子様のいる方は、おむつや下着のサイズが今に合っているか

再度見直してください。

小さいサイズが入っていても、役に立ちません。

 

 

 

火事を見て、ブレイカーを落として逃げるということを

改めて肝に命じなくては!と思ったのでした。

玄関のキーボックスに貼っておこうかなと、考えているところです。

目立つところでないと、忘れそうだもの。

 

 

皆さんも、ご自身で出来ることを、再点検しましょうね~。

 

終の棲家を快適に暮らすために~シニア向けマンションセミナー

 

シニア向けマンションサロンでの講演会です。

 

詳細とアンケートはこちらでご確認ください。

マンションギャラリーでの収納セミナー

マンションギャラリー

 

リストレジデンス高津にて、「幸せを呼ぶ整理収納セミナー」をいたしました。

 

ご契約者様がご参加されていたので、実際の収納の不安なところなど、ご相談もお受けいたしました。

小さいお子様をお持ちの方ばかりでしたので、オモチャの収納や、どうしたら子供の判断力が付くのかなど、子育てのヒントもお話をいたしました。

話題は、いらした方に合わせてお話しているので、決まっていることではありません。

その方にとって、どんな情報が必要なのか?

を考えながら対応させていただいています。

 

 

ご希望に沿ってセミナーはお創りしています。

今回も、マンションの間取りを例にあげて、また実際にご購入された方は、ご自身の購入された間取りを目の前にしながら個別にご相談までできました。

1時間ほどでここまで出来ることは少ないですが、今回は非常によい対応ができたのではないかと思っています。

 

個人の方も、個別に相談は受け付けております。

直接お会いするか、会議システムZOOMを使ってのご相談もお受けしています。

お気軽にお問合せください。

 

ZOOMセッションについては、こちらです。

 

 

子供が作品を捨てないのは、どうすればいい?

今日の音声ブログ『幸せ片づけハッピーセラピー』は、

「82. 子供が作品を捨てないんです。」

 

子供には、子供なりの理由があります。

 

それを親の権限で、

 

置かない

隠す

 

は、ダメでしょう。

というお話です。

 

 

子供だって、自尊心や虚栄心はあるのです。

 

親だからこそ、子供の発達を妨げる事は止めたいものです。

 

では、置き場所は?

 

そこは、音声ブログを聞いてくださいね。♡

 

 

 

お悩み相談/夫が捨てない。どうすればいい?(音声ブログの補足をします)

音声ブログ『幸せ片づけハッピーセラピー』でお話したことの補足をしますね。

 

新婚半年の奥様からのご相談。

夫が捨てない!

どうしたらいい?

 

 

お話をお聞きすると、めんどくさがり屋なだけのようです。

出来ない方ではなさそう。

お仕事柄、ラベル管理をキッチリしている方。

そうしないと、命に関わることもありえます。

 

 

でも、自分のことはしない。

 

まさに、面倒なのね。

仕事で細やかな神経の使い方をしているので、

自宅では解放されたいのかな。

なかなか難しいかもしれません。

 

 

それでも、奥様のストレスを減らさないとね。

 

 

まずは、旦那様が自分で動くように仕向けること。

奥様の物を減らし、

心地よい空間を作っていくこと。

それによって、「自分も片づけないと。。。」

と思ってもらえれば、万々歳!

 

勝手に捨てるのだけは、止めましょうね。

捨てられない大人になりますよ~~~。

 

3 / 2012345...1020...最後 »
お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ