MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ
コラム

片づけカラー診断

4月はチャレンジをする月。お子さんなら、新学期が始まって、新しい教科書やお道具が増えたところですね。いい機会なので、親子でお片づけをしてみてはいかがでしょうか。
よくお母さん達が言われるのは、オモチャを出しっぱなしにされて部屋が散らかるという話。
「片づけなさい!」そういっても子どもには響かないことがほとんどです。
親が子供にどのように接しているかで、片づけようと思うかどうかも変わってきます。
カラーチャートで、お子さんにどのように接しているのか、今の自分のココロを見てみましょう。
直感で目に入ってきた色はどの色でしょうか?

片づけカラー診断HP用

 

 

 

 

 

 

 

選んだ色の傾向を見てみましょう。

レッド

ちょっと怒りモードになっていませんか?
感情を抑えているつもりでも
お子さんが感じてしまうくらいエネルギーが高まっています。
お部屋が散らかっていることを子どものせいにしてしまいがちな日なので
まずは自分の場所から片づけてみましょう。
親がせっせと片づけているのを見せて
「一緒に片づけない?」と子供を巻きこみましょう。
怒りをぶつけても、かえって反発を招くだけです。

 

オレンジ

楽しさを大切にするあなたは、子供と一緒に遊んだり
子供が楽しんでいるのを見ているのが好きではないでしょうか。
楽しむことは子供にとって必要不可欠なことですが
だからといって遊びっぱなしでオモチャが散乱していては、しつけになりません。
楽しみの後にはきちんと片づけるという習慣をつけさせれば
子供はメリハリの効いた生活をすることができるようになります。
親子でどちらが早く片づけられるか?
などゲーム感覚で楽しみながら、片づけてみましょう。

 

イエロー

明るく知的なあなたは好奇心旺盛でユーモアのある方です。
お子さんも同じ傾向であれば、いろんな方向に脱線して
遊び道具を散らかしてしまうかもしれません。
それが何かの探求であれば、長い目で見てあげてもいいでしょう。
子供は、その時に必要なことを繰り返すことで覚えます。
例えば、平均台のようなところを行ったり来たりを繰り返していたことはありませんか?
それが出来るようになると、その後はまったく見向きもしなくなります。
つまり、その行為を卒業したのです。
注意点としては、地に足がついていないような状態はよくないので
親の見極めが大切になります。

 

グリーン

調和を大切にするあなたは、子供に対しても
頭ごなしに怒ることは少ないのではないでしょうか。
子供と1対1であれば、多少のことは何をしていても寛容に構えていられると思います。
しかし、周りの人の子育てが気になると
他の子供と比べたり、ルールで縛ったりしていませんか?
お片づけについても、子供の特性を見極めて
自分の子にはどんな言葉がけが有効なのか、あなたなら分かるはずです。
他人の価値観より、自分軸を大切にしたゆったり子育てをする方が
あなたを選んで生まれてきたお子さんにとっても生活しやすいのではないでしょうか。

 

ブルー

心が広く包み込むような愛情を持っているあなたは
冷静に子供を観察できる人です。
感じたことをストレートに子供に伝えてしまうことで
もしかしたら傷つけているかもしれません。
本当は大きな愛を持っているので
そのことが子供に伝わるように言葉を選んでみましょう。
ちょっとハードルが高い要求をしがちなので
自由に遊ばせてあげて、心を満足させてからお片づけをさせましょう。
そのためには、あなたがリラックスしていることがとても大切なのです。

 

ピンク

愛されたいという願望を持つあなたは
「片づけなさい」と言った時に子供に無視されると腹が立つかもしれません。
片づけなさいとはどういうことなのか分からないだけなので
決して親を無視しているのではないのです。
脱ぎ捨ててある服を戻してもらいたいなら、服に愛称をつけてしまいましょう。
あだ名は何でもいいのですが、例えば「プクはハウスにね♪」
これなら「片づけなさい!」よりも柔らかい感じになって動いてもらいやすくなります。
何よりも、あなたの気持ちがやわらぎます。
逆に、過度の愛情表現になって束縛するなど
偏らないように気をつけることも大切です。

 

次回TCカラーセラピスト講座は6月15日(月)アートフォーラムあざみ野です。

カラーセラピーという色彩療法と片づけ

TCカラーセラピスト講座を開催して思ったことを、書いてみようと思います。

 

 

カラーセラピーとは日本語でいうと色彩療法のことです。

決して占いや性格分析ではありません。

なぜ片づけに、このカラーセラピーを取り入れたかというと、

自分の本当の心の声を聞いていない、または受け入れることに抵抗があるお客様がいるからです。

 

「片づけたい」と言われるけれど、片づける時を前にすると逃げたくなる。

そんな心理の方は、少なからずいらっしゃるように思います。

 

「本当に片づけたいですか?」と問われた時に、あなたならどう答えるでしょうか?

 

そんなストレートに聞かれることはけっしてありませんから、安心してくださいね。(笑)

そう問われているのではないか?

そう思って心を委縮させているのは、あなた自身だからです。

「片づけられない人と思われてるのではないか。

どうして手放せないのだろう。

自分でも分からない。。。」

悩んでいる方は多いと思います。

そこで二の足を踏んで、問い合わせることを止める方も多いかもしれません。

 

なぜ手放せないのか?というのは

人によって原因は違うのです。

単純に、モノが「もったいない」という方もいますが、

そもそもの原因がモノではないこともあるのです。

それは夫婦の関係かもしれませんし

親子の関係性かもしれません。

そして、ご本人はその原因に気が付いていないことも多いでしょう。

そのまま単に片づけたとしても、

元々の原因が解消されていないので、また買ってきてしまうのです。

 

 

食品は必ず使うモノだからと、自分に許可を与えやすいものです。

(どうせ食べるのだし、ちょっと増えてもいいよね。)

そんな心の声が聞こえます。

 

顕在意識と潜在意識の間をウロウロする心の声は、

自分のものであり、でも自覚していないものでもあります。

そこを気づくかどうか?

これは、その後の維持管理に大きな影響を及ぼします。

 

もちろん、単純に散らかっている方はここには関係しないので、

整理収納により、環境を変えることによって心地よさを体感できれば、綺麗を維持しようと考えます。

 

心に許可を出していない方は、自分の中のモヤモヤが解決されていないので、

片づけをする気力も低いし

片づけてもリバウンドを繰り返すことが多いようです。

すると、さらに自分にダメだしをして

やっぱりできない。。。。

自信喪失して、片づけ自体を放棄する方もいるかもしれません。

 

こうなると、片づけが入口だとしても、深層心理から読み解いた方が、圧倒的に早く変化が起きます。

なぜなら、自分で自分に【気づき】を起こすことができるからです。

 

カラーセラピーでは、「答えはその人本人が持っている」と考えます。

なので、セラピストは答えを提示する役目ではなく

気づきをもたらすようにお話を聴いていく役割です。

 

ここは、整理収納カウンセリングと同じだと思うのです。

本人が気づきを得ない限り、リバウンドしやすい。

何のために片づけるのか?

ここが明確かどうかは、結果に大きく作用します。

そのため、横浜Tキューブ・スタイルでは、カウンセリングにカラーセラピーを取り入れています。

 

主に片づけでお聞きしますが、

他の課題を持っている方には、別の入り口からアプローチすることもあります。

最終的に、どこかでつながっているからです。

 

ひとつクリアになると

紐がほどける様に

はらはらと心をきつく縛っていたものが溶けることがあります。

その後のスッキリとしたお顔は

眩しいほどの笑顔になられます。

 

講座としてのカラーセラピーでは、

無意識に自分の殻の中にいたり

(その方が安心だからです。人は現状を変えたくないという無意識が働きます。)

見られたい自分と、現実の自分の行動との差に気が付いたりと

いろんな気づきが生まれます。

 

そこに気がつけば、

次の行動はどうすればいいのかが見えてきます。

行動が変われば、結果は変ります。

 

よく引き寄せという言葉を聞きますが、

本人が引き寄せたいと強く思わない限り

それは起こらないのです。

自分の中にないものは、起こりようがない。

周りのせいにしていても、なにも変わりません。

人も、部屋の景色も。

 

カラーの講座でしたので、

なりたい自分になるために

「今の自分に必要な色を身につける。」

そう選択をされた方もいらっしゃいました。

また、「今のままの自分を肯定してあげればいいのでは?」

そうお伝えした方もいます。

 

色には、プラスの意味もマイナスの意味もあります。

白というとインテリアでは良く使われる色だと思います。

壁や収納家具など、見た目も綺麗ですっきりと感じます。

でも、病人には病気になる色です。

白い壁からは、元気をもらうことはできません。

以前は白衣をきていた医療従事者も、

最近は水色やピンクなどの中間色を身につける病院は多くなりました。

これも色彩療法が活かされている例だといえます。

 

こうしてみると、カラーというのはいろんなところで使われています。

特に企業では、美味しく見える色とか

車を選ぶ際にどんな色が好まれるのか

など、色彩研究を元にした色の決定をしているといいます。

カラーの効果を知ってから、新車の色を決めるまでの時間がかなり短縮したという話も聞きました。

企画会議でどんな車の色を発売すればいいのかは、売れ行きに直結するため、以前は大変だったそうです。

 

たかがカラーですが、

けっこう奥が深いものなのです。

片づけ5W 1H

|2015.01.12|50歳からの整理整頓

港区立男女参画センター・リーブラ様でお話させていただきました

シニアに贈るモノとこころの幸齢整理

自分の家

親の家

どちらも片づけたい

主にご自分の家を何とかしたいと思われている方が多かったです

 

 

WHY   なぜ片づけたいのか? その理由はご参加者様が申し込もうと思ったきっかけ

WHEN   片づけたいと思った時が、その方の今でしょ!

WHERE  自宅? 親の家? 職場?

WHO   ここは自分 家族のせいにしているうちは、うまくいかない

WHAT   何にしますか? 洋服?本?雑貨?それともリビング?子供部屋?

HOW   どうしたら片づくの?

 

講座では、話を聞いていただいているうちに、WHATを決めていただきます

これくらいならできそう

この場所ならなんとかなる

 

 

小さなところから始めていただくために、モノか場所を決めます

それこそレシートでパンパンになっているお財布でもいいわけです

始めからお部屋全体をしようとすると、疲れて挫折しかねません

 

HOWは講座のメインですね

基本的なことは、多くの方が知っている事です

ただ知っていても行動しない限り、部屋は変りません

知っていると言いながら、どうしてしないのでしょうね~

 

100人いても、行動に移した人は10%

そのうち維持しているのは1人か2人

だいたいどこの講座でも同じです

中には維持しているのは0人ということも

 

頭で考えていることと

実際に動いてみる、では大違いだからです

わかっちゃいるけど捨てられない って感じかな?

 

 

習慣というものは、なかなか変えられないものです

特に思考は、歳をとるごとに固まっていきがちです

10年たてば流行は戻って来るという方もいます

 

私もそう思っていた時があるから分かるのだけど

では、その10年前の洋服を着ますか?着ていて幸せですか?

 

 

私はNOだったのです

着ていて、なんか違う。。。

楽しくない。。。

他のを着てくればよかった。。。

後悔でモチベーションは下がるばかり

「これは古い」って思っている私がいる

 

 

大切なのは、自分がどう思うか!

着ていてイキイキとする洋服って、あなたにもあるはずです

洋服に感情はありません

主役はあなたです!!!

 

楽しくない洋服なんて、持っていても意味がない

勝負服でなくてもいいけれど

この洋服を着ると

幸せな気分になる

モチベーションが上がる

ウキウキして出かけたくなる

家事も不思議とはかどっちゃう♡   エプロン選びも大事よね♪

 

こんな生活の方が気持ちいいでしょう

ご病気でなかなか片づけられないと言われた方はお気の毒だけど

環境は、病気を治すにも大切な要素の一つです

 

埃は、健康にいいことが何もありません

お掃除を簡単にするためにも

床置きはなくしていきましょう

お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ