MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ
コラム

片づけ5W 1H

|2015.01.12|50歳からの整理整頓

港区立男女参画センター・リーブラ様でお話させていただきました

シニアに贈るモノとこころの幸齢整理

自分の家

親の家

どちらも片づけたい

主にご自分の家を何とかしたいと思われている方が多かったです

 

 

WHY   なぜ片づけたいのか? その理由はご参加者様が申し込もうと思ったきっかけ

WHEN   片づけたいと思った時が、その方の今でしょ!

WHERE  自宅? 親の家? 職場?

WHO   ここは自分 家族のせいにしているうちは、うまくいかない

WHAT   何にしますか? 洋服?本?雑貨?それともリビング?子供部屋?

HOW   どうしたら片づくの?

 

講座では、話を聞いていただいているうちに、WHATを決めていただきます

これくらいならできそう

この場所ならなんとかなる

 

 

小さなところから始めていただくために、モノか場所を決めます

それこそレシートでパンパンになっているお財布でもいいわけです

始めからお部屋全体をしようとすると、疲れて挫折しかねません

 

HOWは講座のメインですね

基本的なことは、多くの方が知っている事です

ただ知っていても行動しない限り、部屋は変りません

知っていると言いながら、どうしてしないのでしょうね~

 

100人いても、行動に移した人は10%

そのうち維持しているのは1人か2人

だいたいどこの講座でも同じです

中には維持しているのは0人ということも

 

頭で考えていることと

実際に動いてみる、では大違いだからです

わかっちゃいるけど捨てられない って感じかな?

 

 

習慣というものは、なかなか変えられないものです

特に思考は、歳をとるごとに固まっていきがちです

10年たてば流行は戻って来るという方もいます

 

私もそう思っていた時があるから分かるのだけど

では、その10年前の洋服を着ますか?着ていて幸せですか?

 

 

私はNOだったのです

着ていて、なんか違う。。。

楽しくない。。。

他のを着てくればよかった。。。

後悔でモチベーションは下がるばかり

「これは古い」って思っている私がいる

 

 

大切なのは、自分がどう思うか!

着ていてイキイキとする洋服って、あなたにもあるはずです

洋服に感情はありません

主役はあなたです!!!

 

楽しくない洋服なんて、持っていても意味がない

勝負服でなくてもいいけれど

この洋服を着ると

幸せな気分になる

モチベーションが上がる

ウキウキして出かけたくなる

家事も不思議とはかどっちゃう♡   エプロン選びも大事よね♪

 

こんな生活の方が気持ちいいでしょう

ご病気でなかなか片づけられないと言われた方はお気の毒だけど

環境は、病気を治すにも大切な要素の一つです

 

埃は、健康にいいことが何もありません

お掃除を簡単にするためにも

床置きはなくしていきましょう

藤岡 聖子 に改名しました。

ご訪問をありがとうございます。
藤岡 聖子です。

片づけホームティーチャー園田 智恵として活動をしてまいりましたが、
11月7日(木)171年ぶりのミラクルムーンの日に改名をすることにいたしました。
藤岡 聖子の名は、カラダとココロのカウンセラーおのころ心平先生(「病気は才能」著者)よりいただいたものです。
ホームページの変更もこれからしていきますが、もうしばらくお時間がかかる予定です。
しばらくお待ちいただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

藤岡は、子どもが暮らす生活環境を整えるのが、自分の使命だと感じています。

 

現代社会では、多くのストレスを抱えている子供達がいます。

環境を自分で変えることができない子供達。
子どもが幸せに暮らせるようにしたいと思っている親。

ご依頼をいただく片づけが苦手な親御さんからこぼれ出る言葉は、
子供も自分と同じように片づけができない子になってしまうのではないか?という危惧です。

 

自分は物に囲まれた家庭で育った。
親の家は物であふれている。
問題だと思っても、片づけ方を教えてもらっていないから、どうすればいいのか分からない。
もしこのまま自分の子供が大きくなったら。。。

 

実際に子供部屋が放置状態のこともあります。
思春期であれば、親は手を出せず(子供が部屋に入って欲しくない)ということも。
ベッドには食べ物が落ちていることも珍しくありません。

そんな状態の中では、健やかに育つだろうかと不安になるのもわかります。
親だから反抗するということもあります。
散らかった部屋は、どんな子供も好きではありません。
手を出すなと言っていた子供からは「ありがとう!」と素直に言われます。
そこは、親がどれだけ真剣に環境を整えることに向き合っているか!!も関係します。

 

本当に現状を変えたいと思っている親子のサポートを
整理収納による部屋の環境整備と、
セラピーによるサポートをさせていただきたいと思っています。
知りあいのセラピストの方々にも、協力していただくようにしていきます。

 

少子化が叫ばれているにもかかわらず、
子供への国のサポートは手薄です。
ゆとり教育から、急に学習量のアップとなり、
学校に通えなくなっている子供も増えています。(NHKあさイチでも放映)

外側の環境を変えることは、容易ではありません。
しかし、家庭の中であれば、変えようと思えば変えられるのです。
その決意がある方のサポートをしてまいります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

片づけセラピスト 藤岡 聖子 (2014.11.7)

親の家の片づけ2

<親の家の片づけ>記事について、反響があるので

実際に取り組み始めた親子さんとのやり取りを掲載します。

同じような親子の方々に、参考になれば幸いです。

 

+++ +++ +++

A様:
私が台所に立つたび片付くのか心配 なくらいたくさん物が有ります。
アドバイスお願いします。

園田:
ご連絡をありがとうございます。
心中お察し申し上げます。

ご本人でされると言われているので、ある程度片づけが必要なことは認識されていると思います。
まずはキッチンというのはいいことだと思います。
使っているものかどうかが明確に分かると思うので。
おおまかにお話しますと、
現在使っているものは必要なもの。
1年間使っていない物はいらない物になります。

使っているか使っていないかは、お分かりだと思います。
そこで分けられれば、すぐに捨てられなくても、
とりあえずキッチンに必要なものだけにして収めることは可能かと思います。

 
迷う物は後回しにします。
そこをしていると、時間ばかりかかり、結果はだせないかもしれません。
ある程度の形になったら、迷う物の判断をしましょう。
しばらく納戸に移動でも構いません。

まずは「心地よい」という状態がどのようなものか!
を感じていただくことが先決だと思います。
長年大量のモノに囲まれた生活をしていますと
感覚的にそれが当たり前になってしまいます。
それは感度が鈍っている状態です。
ほとんどのモノを捨てられないと言われるようでしたら、
それを普通の感度状態にまで戻す必要があるかもしれません。
当日現場でお話しながら進めていくことになると思いますので、
現在できることは、Aさんがお母様とお話をしてみることです。

 
<捨てると言う言葉は使いません!>
拒否反応を起こして、聞く耳を持っていただけなくなります。
思い出をお話されたら、まずは真摯に耳を傾けて聞くことから始めてください。
遠回りと思っても、結局はその方が心を開くことにつながると思います。
誰かの役に立つというのも、手放すきっかけになります。
リサイクルに持って行ってもいいと思います。
引き取られなくても、現実として他人に必要とされないものであることが分かります。
そのまま処分してくださいと言って置いてくればいいだけです。
金属は、廃品業者が集めている可能性が高いです。

 
親子は感情がつい先になって、難しいところです。
それをどこまでAさんがお母さんのお気持ちに沿って聞けるか、ということが大きいかもしれません。
その親子親子で、ストーリーは違います。
ご自分が生まれた時のことや、ご両親の結婚のきっかけなど、お聞きになったことはありますか?
お仕事がお休みのときにでも、そんなところからお話されて、
これからどんな暮らしをしていきたいかをお聞きしてください。
娘が捨てに来た!と思っていると思いますので、いい意味で裏切ってあげてください。

妹さんたちが遊びに来たくなるような家にしたいのか、
自分の趣味の部屋を作りたいのか、
一人で元気に暮らせる空間とはどんな空間なのか、
認知症にならないためには、どうしたらいいのか、
幸せな暮らしとは、具体的にどんな生活なのか、何をすればいいのか、
どんな物が自分の近くにあると幸せと感じるのか、
誰と過ごす時が一番嬉しいのか、等々。

 
未来の理想の生活が頭に思い浮かぶようになると、思考がポジティブに変わると思います。

 
物が多いということは、危険と隣合わせです。
震災クラスでなくてもです。
高齢者は、家の中でケガをするのがほとんどです。
高齢でケガをすれば、寝たきりになるリスクが高いです。
まずは床に物を置かない!
つまずかないためには必須です。
これだけでも約束できるといいですね。
そのためには、どうしたらいいかもお話合いをされるといいと思います。
事前にここまで話し合って、整理収納の必要性を納得されていれば、結果もでるのではないでしょうか。

 
+++ +++ +++

さて、お読みいただいた皆さまは、お子様の立場でお読みになられたでしょうか。
それとも、自分のこととして読まれたでしょうか。
実際に親子でされるのは、結構大変です。
しかし、仲よく「そうだよね~。」といいながら変化を起こしている親子がいるのも事実です。
その違いは、相手の立場に思いやっているかどうか?
というところが大きいような気がします。
イソップ寓話「北風と太陽」ではありませんが、
無理やりやらせようとしても無理があります。
<話を聴く>という姿勢が大切なのかなと感じています。

 
急がば回れ!
変化は自分で起こすもの。
最終的には、決断は本人がすることなのです。
自分の人生なのですから。

お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ