MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ
コラム

お受験を考えている子供のお片づけ

中学受験を考えている親子のお片づけに伺いました。
今回は子供部屋。

お受験をするとのことで、毎日塾や習い事でいっぱいの小学5年生。
ママはフルタイムで働いています。
話を聞いていると、涙ぐましいほどお子様のお世話をされています。

 

働いているので、お子様は学校から学童へ直行。
その後、学童から塾へ。

塾の勉強道具はどうしているのかお聞きしましたら、
ママが朝出勤前に学童に届けているとのこと。

では、塾に行く時にランドセルは?
これも、ママが後でランドセルを回収して自宅に戻している。
もちろんお弁当も作られるわけで、
忙しい中を目まぐるしくお子さんのスケジュールに合わせています。

これだけ時間を子どもに割いていれば、
お片づけが後回しになるのも分かる気がしました。

 

時間がない人ほど、整理収納の仕組み作りは有効なのです。
前回は寝室と衣類部屋、廊下収納庫をさせていただきました。
この時に気が付いたそうです。

 

自分では、こんなに出来ない。
ずっとストレスを抱えていないで、頼もう!

 

依頼された側としては、整理収納の価値を認めていただき
本当に嬉しい限りです!

 

 

次に子供部屋のお片づけを、お子様がご自宅にいる日にさせていただきました。
前回に子供部屋を見ていました。
雑然となっている原因は、お子様だけにあるのではないことは一目瞭然でした。
子供部屋と言いながら、親のモノが混在していたからです。
これでは自分で管理しなさいと言っても、
自分のものではないし~~~。♪

 

子供に限らず、パートナーでも同じ反応が返ってきます。
ましてや、どこに置けばいいのか判断できない子供には無理というもの。

 

そこで、親のモノは部屋から一掃。
・オモチャ
・絵本
・文具類
・学校の勉強道具・プリント・お道具類
・塾や習い事のテキスト・プリント
と本人が分かるように分類しました。

 

ここで子供でもできる仕組み作りをします。
ゾーニングという考え方です。
オモチャと勉強道具が同じところにあっては、何をする場所か分かりません。
勉強しようと思ったら、目の前にオモチャがある。
これでは誘惑してくれと言っているようなものです。

 

同じ場所にいろんな物が置かれていると、訳がわからなくなる。
これは子供だけではなく、片づけが苦手な大人も同じです。

 

 

さらに、収納用品にも問題がありました。

ファイルBOXはお使いになっていましたが、
ひと手間かかるものでした。

ファイルBOX縦紙

これでは、すぐに出し入れできません。
お子さんは毎日Wワークなのです。
遅くに帰ってきて
学校の教科書も、塾のプリントも仕舞わなければなりません。
そこに手間がかかってしまえば、
床に置きたくなるのも当たり前ではないでしょうか。

 

また、同じBOXを使えば見栄えは綺麗ですが、
子供にとっては中味が見えないので、記憶している範囲でしか戻せません。

そこでこちらに変更。

ファイルBOX前空

前が開いているBOXなので、ワンアクションで出し入れできます。

 

もちろん、いらないプリントや教科書は排除。
普通の小学生であれば、前年分の教科書があれば問題ないはずです。
塾に行かれているのであれば、見返すこともないでしょう。

 

あちらこちらに分散していたプリントは集めてBOX収納
・学校のプリント
・塾の宿題
・塾の終わったプリントでファイルしておくもの
他には
・学校の教科書BOX
・塾の教科日別テキストBOX(塾は曜日で教科が分かれているので)

 

ここでまた仕組み作り
どのBOXに何を入れるのかを、視覚的に明確にします。
教科書やプリントは、本人が見れば学校のか塾のかは分かります。
問題はファイルBOXの位置です。
常に同じ定位置に置くことが、崩れない方法なのです。

 

そこで棚の厚み部分に大き目の文字(文字が難しければイラストや写真)でラベルを貼ります。

 

オモチャなど箱に入っている物であれば
棚だけにラベルを付けるのではなく
箱自体にもラベルを貼ります。
遊ぶ時には、箱ごと出すのが普通です。
箱と棚のラベルを見れば、元の位置に戻りやすい。
どこに返せばいいのか分かるようにするためのWラベルです。

 

幼い子供であれば、文字は無理なので色ラベルで合わせるといいですね。
ハート型の半分づつにして、合せるとハートが完成する。
こんな遊び感覚の片づけなら、楽しみながらお片づけが身に付きます。
親は、その子がどうすれば返せるのかを考えて、仕組みを作ってあげましょう。
こちらのお子さんの場合、塾の宿題プリントが一目でわかるように
黄色のBOXを自分で選びました。
自分で決めるというのが、大切ですね。
これで頭の回路に、しっかりこの場所が刻み込まれたはずです。
もちろん視覚的にもバッチリです。
3時間であっという間に片づきました。
出来ないと思っているのは親だけかもしれません。
いる・いらないの判断は、子供の方が大概早いのです。
それを親が口出しするから、親の顔色を伺って捨てないということも多いのです。

 

お爺ちゃんにもらったから
高かったから

 

子供にとって大切なお爺ちゃんからのプレゼントという意識であれば
迷いなく「いる」と言います。
いらないというのであれば、それはいらないのです。

 

高かったという価値観は親のもの。
子供は自分が好きなものだけをチョイスします。
値段は関係ありません。
たとえ取っておいたとしても、
使われることなく数年後には廃棄処分になります。
自分の経験からも、間違いありません。(笑)

 

であれば、商品が新しいうちに、
使っていただけるところにお嫁入りした方が
そのモノは活きるのです。

 

子供には、なるべく早いうちに片づけ方を身に着けさせたほうが、後が楽です。
思春期になって、親に反抗しだしてからでは、なかなか手が出せません。

 

いつも部屋が綺麗だと気持ちがいい!!

 

日本人は、お風呂に浸かると気持ちがいいと思いますよね。
外国ではシャワーで済ませる国も多いです。
これは、子供のころから
お風呂に浸かると「気持ちがいいね!」
そう言われてきたからだと思うのです。

 

ぜひこのお風呂の感覚みたいに
部屋の環境が整うことでココロも整うということを身につけておけば
独り立ちしても、親が心配する必要はないでしょう。

 

50歳からの整理収納~デジタル遺品について~

50代というと、子供の手が離れてようやく自分の人生を謳歌できる年代だと思います。

今や100歳は当たり前の時代です。

アンチエイジングも医学的に出来るようになり(すごいですね~)

知りあいには血管年齢が40歳も若返ったという人がいます。

100歳を超えた人は5万8千人を超えました。(2014年統計)

人生半分過ぎたところで、一度立ち止まって振り返るのもいい時期だと思います。

ここを何も考えずに通り過ぎると、親の介護が始まって自分のことは後回しになりかねません。

だからこそ、50代には整理収納を始めて欲しいな~と思って、講座ではお話をしています。

 

 

ネットバンキングをされている方も多いと思いますが、

そのパスワードはどこに保存しているでしょうか。

ご家族はお分かりでしょうか?

もし万が一という事態になっても、家族が困らないようにしておきたいものです。

リアル銀行があるならまだしも、店舗を持たないネットバンクも多いですね。

当然パスワードをかけてサイバー攻撃から守っているはずです。

国でさえ情報漏えいがあるわけですから(ちょっとお粗末でしたね)

いつどこで事故や犯罪にあうか分からない時代です。

 

 

自分だけは大丈夫!と思っていませんか?

最近地震や噴火も活発になっていますので、絶対はないのです。

ぜひ自分の財産の管理を考えてみましょう。

 

 

ご主人様から、「財産は全てパソコンの中にまとめておいた。

もし私に万が一のことがあれば、それを見れば我が家の資産はわかるようにしてある。」

そう言われていた奥様がいらっしゃいました。

 

その時になって、たしかPCに保管してあると言っていたっけ。。。

とフタを開けてみたのですが、肝心のパスワードがかかっていて開けない。

ご主人様の貴重な情報は活かされなかったのです。

 

このようなことがないようにしたいものですね。

それ以外にも情報はあります。

会員サイトのパスワードです。

家族がどこの会員になっているかは知らないと思います。

自分でもたくさんの会員登録をしてい て、パスワードが分からなくなりがちですよね。

同じパスワードを使いまわしている方も多いようですが、

それは盗んでくださいと言っているようなものです。

それだけは止めておきたいものです。

 

パスワード管理ツールは便利ですが、研究者によるとなんらかの脆弱性を持っているとのこと。

管理方法はよくよく考えていきたいですね。

原始的ではありますが、紙に書いておく方が家族は見つけやすいでしょう。

 

大量の本や書類を抱えて頭を悩ましている方も多いのですが、

スキャナーで取り込んでクラウドでいつでも見ることが可能です。

本であれば、書店に並んでいる物なので

悪意ある人に見られたとしても問題はないでしょう。

どんな方法であっても、自分しか分からない!

ではいざという時に困った事態になりますので

頭のハッキリしているうちに考えておきたいものです。

子どもの片づけポイント~メディア掲載

トランクルームチャンネルに掲載した記事です。

 

4月はチャレンジをする月。

新学期が始まって、新しい教科書やお道具が増えたところですね。

いい機会なので、親子でお片づけをしてみてはいかがでしょうか。

 

片づけポイント1【キチンと理解できるように具体的な言葉を使う

お母さん方からよく聞くのは、子供にオモチャを出しっぱなしにされて部屋が散らかるという話。
「片づけなさい!」そういっても子どもには響かないことがほとんどです。
なぜなら、「片づける」ということがどういうことなのか理解できていないからです。
押入れにムギュ~って突っ込んだだけで、片づけたと思っています。とりあえず見えなくなればOKだと勘違いしているのかもしれませんね。まずは、年齢にあった理解できる言葉で声掛けをしていきましょう。

 

●電車はブルーのカゴに入れようね

●お人形は洋服や小物と一緒にドールハウスの中にしまいましょう

●ぬいぐるみは棚の上がお家だよ♪

●教科書はすぐ手の届く棚に戻そう

学校の道具類は1ヶ所にまとめて棚に置こう「片づけなさい」では浮かばなかったイメージが、

言葉一つ変えるだけで子供の中にストンと落ちていきます。

まずは、頭に絵が浮かぶ言葉を使うことから始めましょう。

 

片づけポイント2【子供が把握できる量に限る

親が大変!と思う量を与えても、子供は片づけられません。
まずは、子供自身で管理できる量とはどれくらいなのか、お子さんと話し合ってみましょう。

幼稚園で出来ることが家で出来ないのは、圧倒的に量が多いからです。
1) BOX1つに入れるのであればできる
2) おやつ時間の前なら片づけを頑張れる
3) カゴの数で、何個までなら楽にしまえる
4) 10分で済むなら片づけられる

 

1)2)は未就学児には有効です。
だたし、学校にいくようになったからといって、
教科書はこの棚へ、オモチャはBOXへというように分けられるかというと、そうとは限りません。
すべて1BOXに入れればいいと教えてきたのですから、
全部BOXの周りに放置されることも少なくないのです。
別々の場所に収納して欲しいと思うのなら、
電車・カード・ぬいぐるみというように、分類することを教えていきましょう。

分類は収納BOX自体をわけるほうが分かりやすいのですがBOXの中で分けるという方法もあります。
ただし、1BOXの中で小分けをするのは、収納場所は増えないものの、
子供にとっては高度な技術になるということは知っておきましょう。

就学児であれば、3) 4)。自主的にできる量かどうかがポイントです。
片づけが苦手であれば、オモチャの量を増やさないのが一番です。
既成のオモチャでなくても子供は遊びの天才ですから、遊ぶことに問題はないはずです。

オモチャの数が少なければ、遊びを工夫することで、かえって創造性が豊かに育つのではないでしょうか。

 

片づけに限らず、親の態度で子供の反応は変ってくるものです。
親の精神状態で、怒ったり、まあいいやと放置したりしていないでしょうか。
自分の心模様はな かなか自覚できないものですが、潜在意識から分かることがあります。
その潜在意識を見える化できるのがカラーです。
その時々に気になる色で、深層心理がわ かります。
あなたの選ぶ色から、子供へのアプローチ方法を見つけてみましょう。(未就学児~低学年まで)。
片づけカラー診断はこちら

 

なぜオモチャの数が増えるのでしょうか?
増えなければ、特に問題は起こらないはずです。

 

その原因の一つが、おじいちゃんおばあちゃんが買ってくれるというもの。
おじいちゃんおばちゃんは、孫にあげるのが楽しみです。
これを奪ってしまうのは酷というもの。
そこで与える時期を考えていただきましょう。

 

お誕生日やクリスマスといった、誰でもプレゼントがもらえる時だけに限定してもらいます。
その際、理由をつけましょう。

《子供が物を大切に使うことを教えたいから》ここがポイントです。
ご年配は、物を手放せない世代。なぜなら「もったいない」が身についているから。
物を大切にしない、すぐに壊してしまうという話は、ご年配にとってはウィークポイントなのです。
機会あるごとに買ってくるのであれば、そのお金をプールし ていただき、
欲しいけれどちょっと手が届きそうにないもの(例えば高額の木のオモチャなど質の良いもの)をあらかじめ頼んでおきます。
こうしておくと、親が子供に遊ばせたいオモチャが届くことになるので、
いらないオモチャの置き場所で困ることもなくなります。

 

子供の片づけのポイント3 【オモチャのしまう場所を限定する

収納する場所は一ヶ所に決めておくと、子供は戻しやすくなります。
また、その場所が目で認識できるようにしておくと、3歳のお子さまでも返すことができます。
幼稚園や保育園では、帰宅する前に子供が自分達でオモチャを片づけています。
先生は声をかけていますが、手伝ってはいません。
つまり、子供の目線でどこに何を置くかが分かるようになっていれば、
3歳の子でも片づけることはできるということです。
認識できるようにするには、一目で分かる必要があります。
Boxなどを使われることが多いと思いますが、中が透けて見えるクリアケースだと、認知しやすくなります。

 

さらに、ラベルをつけます。
文字がわからない幼児であれば、写真やイラストを貼っておくと、
このBoxにはお人形、こちらのBoxには自動車と、分類することも可能になります。
リビングに多くの色を入れたくなければおしゃれなカゴにするのもいいのですが、
そのままでは子供は返せないと考えましょう。
フェルトなどをかごの隅でもいいので、目印をつけるだけでもかなり違います。
「ピンクのところにお人形を入れて」であれば、子供でも理解できます。
また、収納場所が一杯になったら、新しいオモチャが増えた分一つ減らすことを、
新しいオモチャが増える前に子供に話しておきましょう。
親が常に同じ対応をしていれば、手放してもいいオモチャを選んでから新しいオモチャが欲しいと言うように変わっていきます。

 

子供に気分のムラがあるのは当たり前です。
大人でさえ、「今日は片づけたくないな~。」と思うことがあります。
オモチャが散らかるのは数年のことと、ゆったり構えてみるのもいいのではないでしょうか。
親がリラックスした状態で子どもを信頼することが、子供の自主性 を育て、
成長するごとに自分のことは自分でするというように変わっていく基盤作りにつながるでしょう。

 

子供の片づけポイント4 【子供の心を見る

ランドセル置き場はどこ?

ランドセルはいつも放置状態。
この場合、ランドセル置き場を決めたのは誰でしょうか。親が決めていませんか?
親の目線で決めてしまうと、背丈の関係で、子供には置きづらい高さになっていることがあります。
また場所自体も、子供の動線上(よく動いている場所)から外れていることも考えられます。
本人にどこが置きやすいのか、自分で決めさせてはいかがでしょうか。
自分で決めたことは、以外と守るものです。
特に小学校に上がったばかりのお子さんは、
お兄ちゃん、お姉ちゃんになったのだからと、ちょっと自尊心をくすぐってあげるとやる気になります。
置き場所を守っていたら、必ずほめてあげることもお忘れなく。

作品整理

保管方法はどうしよう?と思われている方も多いと思いますが、保管の前にまずは整理。
どの作品を残すのか、子供に決めさせます。
いるのか、いらないのかは、本人が決めるのが一番。
親から見たら、全部取っておかないといけない気分になると思いますが、子供にも思い入れの強さはマチマチです。
頑張った作品と失敗作。どちらもあるのです。
失敗作は、そのままごそっと処分します。
もちろん、本人が決定します。本人にとって見たくない作品(自分が失敗したと認めたくない)もあるのです。

 

頑張った作品は、リビングなどみんなの見える場所に展示します。
子供部屋ではありません。
頑張ったことは子供自身が知っています。
親・おじいちゃんおばあちゃん・近所のおばちゃんに褒められて、「えへん!」となって心が満足するから手放せるのです。

 

最近のしつけは、叱るのではなく、ほめて育てるとよく言われています。
ママ友と「うちの子は片づけなくて。。。」なんて話してはいませんか?
それを耳にした子供は、心が折れて、決して片づけようとは思わないでしょう。
なぜなら、幼稚園や保育園ではできているのですから。
目の前にあるのはオモチャでも、親が観るべきものは子供の心だということを忘れないようにしたいものです。

 

「部屋を片づけると気持ちいい」をインプットするためにも、片づけが終わったら子供に声掛けをしましょう。
「綺麗になって気持ちがいいね!」この一言が、子供の片づけ習慣を後押しします。
お風呂嫌いの子にしないために、お風呂に入るたびに「気持ちいいね~。」と話しかけていませんか?
それでお風呂好きになるのと同じです。
【これは、脳科学で解明されています。小林幹兒先生が同じようなことを言われていました。やっぱり!という感じです。(追記2015.8.2)】

 

<部屋が片づくと綺麗で気持ちがいい。>と脳内に刻み込まれれば、片づけるのが普通のことになっていきます。
寝る前に歯磨きをするのが当たり前であるのと同じように、片づけも習慣化されるといいですね。
そのためにも、親が率先してすっきりした空間を作り、子供の片づけ心を育てていきましょう。

 

片づけポイント5【子供部屋について

「子供部屋は広ければいいというわけではないとの実験結果が、イケアジャパンと東京電機大学等のプロジェクトで明らかになっています。
6畳という部屋の大きさは、小学生低学年以下にとっては、体の大きさとの関係から落ち着きがなく、高学年になるにつれ、快適な空間スペースとなるとの結果がでています。

さらに、子ども自身が考えて作り上げた部屋と、親が与えた部屋における子どもの落ち着き度や集中力の違いなどを比較して みると、子どもは子ども自身が好んで作った部屋に滞在している時のほうが、落ち着き度や集中力が高まったとのことです。(参照:子ども室プロジェクトより)

親の権限で「~しなさい!」というよりも、
子供が自主的に考え行動をおこした時の方が、家具の配置も含めていい結果がでることが実証されたようです。
居心 地の良い場所は、人によって異なります。
どうしても落ち着かないようであれば、お部屋自体がその子に合っていない場合もありえるので、
風水を見てご提案す ることもあります。

 

個が大切にされる現代ですが、ほんの数十年前までは囲炉裏端を家族で囲むという生活でした。
子供に個室を与えて安心してしまうのは、本来の日本的家族の姿 からは離れています。
核家族化が進む中、家族の中までも個が進み過ぎることで、引きこもりを助長している可能性もあると思います。
少子化にも関わらず、命 を絶つ子供があとを絶たないことも残念に思っています。
今、日本の家族形態を見直してみる時期にきているのかもしれません。
子供部屋がなんのためにあるの かを、今一度問い直してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ