MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ

遺産の整理~相続争いを防ぐために

相続アドバイザーになったきっかけについて書いてみます。

一つは相続争い。

もう一つは、義父が本当に幸せな最後だったのだろうか?との思いからです。

 

今回は、相続争いについて。

 

一人っ子であれば、相続権を持つのは、その子供一人だけのはずです。

しかし、実際には親戚間で言い争いになりました。何故でしょうか。

 

 

 

親の相続の、前の相続手続きが完了していなかったのです。

 

結婚をせずに亡くなった妹がいました。

その妹に、兄は土地を分け与え、そこに妹の家を建てて住めるように計画をしていました。

その計画の途中で、妹さんは亡くなったのです。

 

法律通り分配すれば、亡くなった妹名義の土地は、兄弟で分けることになります。

しかし、兄は元々自分の土地だったので、自分のものだと主張して他の意見を聞き入れませんでした。

そしてその土地は、相続税がかかるわけではなく、そのまま放置されていったのです。

 

その兄が亡くなったのが原因で、葬式が終わった後に、親戚(親の兄弟姉妹)と、親の悪口を言われて腹を立てた息子が言い争うことになったのです。

 

これに似たような事例は、案外あるようです。

相続税がかからないからと、土地の名義を変えずに放置してしまうのです。

次々と相続が起こるうちに相続人が増えてしまい、30人以上にもなったという話も聞いています。

財産があればいいのですが、少ない財産だからこそ放置されていたので、正常な状態に戻すには、気の遠くなるような手続きが必要になります。

戸籍謄本を30人の相続人に取ってもらうだけでも相当な金額と手間がかかります。

相続人に放棄をしてもらう手続きも取らなければなりません。

会ったことのない相続人に頼むのは、おいそれというわけにもいきません。

事情の説明から、本当に財産がないのか疑う人への対応やらで、時間と手間が莫大にかかるのです。

もしそのような名義変更をしていない土地があったとしたら、早めに手続きを取るようにしましょう。

後々、子供達が大変な苦労をすることになるのですから、顔を合わせたことのある親戚がいるうちに、話をまとめられるようにしておきたいものです。

 

 

 

言い争いはどうなったか、気になりますか?

数か月で、あっさりと元に戻っていました。

嫁としては、本当に心配したのです。一緒に育った従兄とも喧嘩になっていましたから。

でも、なあ~んだ。ホッ。

で一件落着はしたのですが。。。

そこが引き金になって、身体に支障がでました。

こちらの方が、精神的ダメージは大きかった。

人生、いろんなことがあります。

 

相続争いなんて、しないに越したことはありません。

お金が絡むと、多くの場合、兄弟の縁は切れてしまいます。

せっかく兄弟として生まれたにも関わらず、縁が切れるって、親にとっても悲しいことですよね。

相続争いを無くすことは、親にしかできません。亡くなった後ではできないこと。

生前に、しっかりと対策をとることが大切で、エンディングノートを活用していただくことをお勧めしていることも、ここにあります。遺言書できちっと残すにもコツがあります。その一歩手前がエンディングノートなので、遺言書の下書きみたいな気軽な気持ちで、書いてみてください。

自分の人生を振り返る、いいきっかけになります。

そして、これからの人生を考えるために必要なことでもあります。

デジタル遺品記事はこちら

 

整理収納サービスのご感想

N様より、整理収納サービスのお声をいただきました。

大きな納戸と、リビング横のパントリー収納庫の片づけをさせていただきました。

次回はキッチンかな?とご相談中です。

N様、ご自身でもドンドン進めてくださいね~。

ありがとうございます。

こころの片づけ 終活第1話

終活アドバイザー協会に寄稿しましたので、その記事の原稿から『こころの片づけ』について
お伝えします。
会員向けにお役立ち情報を発信していますので、終活アドバイザーにご興味のある方は、ご連絡ください。

 

【こころの片づけ】

終活というと、お金にまつわることや遺言書を思い浮かべる方も多いと思いますが、
実は人生そのものの整理なのです。
人生の整理の一つに、モノの整理整頓があります。

年齢が上がるごとに、使うモノは厳選していきたいものです。
なぜなら、気力・体力は、年を追うごとに減っていきやすく、また亡くなった後のモノの処分には
大変な労力が必要だからです。
たとえば、今は大丈夫!と思っていても、突然体調を崩し入院することもあります。
その時に、家族や親戚に
「〇〇にある△△をもってきてほしい。」
と言えるかどうかです。
○○は確かあそこにあると思う… これでは、頼みにくいですよね。

 

整理整頓というと、整ったイメージと共にしまい込むというイメージも、あるかもしれません。
しかし本来、整理とは「不必要な物を取り除くこと」を指します。
整頓は、「キチンと片づけること」。
両方で、「乱れたものを必要なモノだけにして、使いやすく整える」となります。

ここで問題になるのが、「もったいない」という意識。
戦後物のない時代を過ごした世代は、モノは大切に使わなければならないと考えます。
それは正しい考え方なのですが、問題は、本当に使っているのか?という事です。
もったいないという人ほど、使っていないモノを後生大事に収納しています。
それは、整理整頓されているのではなく、単に「所有しているだけ」です。
所有しているだけのモノの出番は、いつでしょうか?

 

モノの整理整頓をするということは、幸齢整理®(幸せに歳を重ねるための整理という意味の藤岡聖子の造語)をする方にとっては、
自分が自分らしく生きるための空間と人との繋がりをつくって、
幸せな日々を送るためのプロセス ではないでしょうか。

人は、幸せになるために生まれてきたのです。
もう一花咲かせたい!と思っているのであれば、モノを通じて今までを振り返ることで、本来の自分が見えてきます。
それは、自分史を作るようなもの。
自分を見つめ直すことにつながるので、生き方を問い直すことにもなるでしょう。

人生の整理をするには、頭(考え方、生き方)の整理が必要です。
頭の整理ができると、モノの整理ができます。
何が自分にとって必要なモノなのかが明確になるからです。

大切なのは、自分にとってというところ。
誰かの役に立つ、どこかで使う、いつか使う、はありません。
誰の役に立つのか?どこで使うのか?いつ使うのか?が明確であれば、所有していて構いませんが、そうでないものは、所有している意味はないと割り切りましょう。

 

2016年に100歳超の方は6万人を超えました。超高齢社会の到来です。
遺伝子医療で若返りも可能になってきたことで、近い将来、100歳まで生きることが当たり前になっているかもしれません。
その時に、あなたはどんな暮らしをしていたいですか?

 

次回は、実際の整理整頓の仕方をお伝えします。

1 / 1212345...10...最後 »
お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ