MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ
  • HOME
  • >
  • お知らせ
  • >
  • HOMPAD住まいの達人コラム掲載されました(第2回)防災用品と収納場所

HOMPAD住まいの達人コラム掲載されました(第2回)防災用品と収納場所

LIXILが運営しているHOMPAD 住まいの達人コラムに4週連続で掲載されます。

テーマは防災

『命を守る防災の備えは、整理収納の極み』
1月13日第2回は、防災用品と収納場所。

 

防災リュック

防災用品というと、避難時の防災リュックを思い浮かべる方も多いでしょう。

まずは現在お持ちの防災リュックの点検をしてみましょう。

自宅にあるリュックでいいのかというと、非常時には不安のあるものがあります。

それは雨。雨が降っている状態で非難する場合、リュックの中味が濡れないことが条件になります。

 

 

防水・撥水加工のされているリュックは、アウトドアをされる方でしたらお持ちかもしれませんね。

お持ちでない場合は、まずはリュック選びから始めます。

市販されている防災リュックセットは高価なものもありますので、

リュックのみ購入されて、ご自身で必要なものをそろえていくといいでしょう。

また、背負う人の体力も考えて、商品を選びたいものです。

中身を入れた状態の総重量はどれくらいまで可能なのか。

背負ったまま30キロは歩くという厳しめな想定で、重さも考えておきます。

 

 

通常女性で7~10キロ、男性で10~15キロと言われています。

登山用リュックは2キロくらいあるのは普通ですので、その分中味が減ることになります。

難燃素材のものもありますので、防災の目的を定めて商品を選んでいきましょう。

また、夜歩いても分かるように、反射テープをつけておくと安心です。

防災リュック

 

避難の状況を想定する

実際に避難する場合を考えておかないと、思うように動けないことがあります。

家族の命を守るために、シミュレーションしておきましょう。

(続きはこちら)

お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ