MENU
  • セミナー・講座
  • セミナー講師派遣
  • お片付けサービス
  • お客様事例
  • セミナー・講座実績
  • よくあるご質問
information
  • お知らせ
  • コンセプト・概要
Links
  • blog
  • FP
Contact
  • お問い合わせ

整理収納アドバイザー(片づけセラピスト)の横浜Tキューブ・スタイル
整理収納片づけの支援セミナー、支援サービスをしている藤岡 聖子の事務所です。

お問い合わせ

幸齢整理を始めましょう!

|2014.01.08|お知らせ

幸せ案内人 片づけホームティーチャーとして、200講座以上でお話をしてきました。

この中で感じるのは、高齢者の方々の物にまつわりついた想いです。

長く人生を歩まれれば、当然多くの事柄に出会っています。

その中で、物との出会いも多々あるわけです。

ただ、全てを所有しておくという選択肢は<ない>のです。

こう言い切らないと、今まで自分にとって価値があるかどうかさえ見直さずに、ただ所有してきた物への想いは吹っ切れません。

まだ使える

いつか役に立つ

確かに、物は使おうと思えば使えます。

ですが、その物を使いたいかどうか?はあなたが決めなくてはなりません。

「もったいない」

とてもいい言葉です。

しかし、本来は物を大切に使おうという意味で、戦後 物のない時代に生まれた言葉です。

三種の神器と言われた 冷蔵庫・洗濯機・テレビ

確かに物があれば幸せという時代がありました。

では、現在はどうでしょうか?

バブルははじけたのです。

山のように物を買われたはずです。

超高齢社会では、100才まで生きると考えなくてはならない時代になりました。

その年まで身体も、頭も、元気でしょうか?

人によっては、60代ですでに物を動かすことができないと諦める方がいらっしゃいます。

整理をするということは、心身のリミットがあるということです。

こういうと、やっぱり死を見たくないと思って、そのまま放置するという選択をする方がいるでしょう。

老前整理・生前整理という言葉が嫌で、行動に移さない方も多いのです。

先日も、セミナーでその話になりました。

誰しも、死が見え隠れする言葉には拒否反応を起こすのです。

これが「幸齢整理」となればいかがでしょうか?

セミナーでは、参加者がとってもポジティブになれるようにお話をしています。

皆さんに輝く老後を送っていただきたいからです。

その中で、やっぱり伝えておかなければならないのが、「自分で決める」ということです。

私が伝えたいのは、老後の憂いをなくして、これから先を

元気に

自分らしく

生きようというものです。

そのため、物だけでなくファイナンシャルも入るのです。

100才にもなれば、一人で暮らすのは難しい。

とうぜん介護や施設、財産も関係してきます。

その全てをひっくるめて、人生を考えようというものです。

親の兄弟が、続けざまに亡くなっていく現実。

子どもの立場として、いろんなことを考えざるを得ません。

ご自身のことだけを考えるのではなく、

残された家族のことをも考えておいて欲しいのです。

子供にとって、親の物はすべてが思い出です。

特に別居していた子供は、

これもお母さんが大切にしていたものかしら?

あれもお父さんが使っていたものかしら?

そうして、まったく手つかずで廃屋となっていくのです。

子供は子供で生活は成り立っていますし、

親が大切にしていた物が何なのかを知らされていないのですから、処分できないのです。

逆に相続税がかかるので、売却するために細かいことは見ないですべて処分する。という方もいるでしょう。

本当にそれでいいのですか?

すでにご自身の親御さんの物がそのままになっていませんか?

同じことを孫の代まで引き継がせるのですか?

もう一度自分の心の整理をしていきましょう。

心が整わない限り、物の処分は難しいのです。

また、物を見つめることで、心が晴れていくものなのです。

少しづつで構いません。

ぜひ「幸齢整理」

あなたが幸せに年を重ねていけるように、整理をしていきましょう!

園田 智恵が全力で応援いたします。
ホームページ:http://t-kyubu.main.jp/index.html

※ 幸齢整理 とは
本来、なんのために整理をしなくてはならないのか?
たぶん多くの方がご存じのことです。
でも、できない。 したくない。

それは、いままでの老後の整理という言葉の端々にどうしても死が見え隠れしているからです。
そこが物の整理にも、財産の整理にも暗い影を落としているのではないかと思います。
この心の壁を取り払っていただきたいのです。
これから先を幸せに導くための整理という願いを込めて、幸齢整理と名付けました。
幸齢整理が他の整理と異なるのは、ファイナンシャルが入ることです。
これから先の憂いをなくすことから始め、物の持ち方、お金の持ち方、生き方を考えていくのです。

これから先を憂いなく過ごすために、
輝く老後を手に入れるために、
心の整理を始めませんか?

お問い合わせ・お申込みはこちら
ページTOPへ